@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

経緯【イキサツ】

デジタル大辞泉

いき‐さつ【経緯】
物事のこみいった事情。事件の経過。「これまでの経緯を語る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい‐い〔‐ヰ〕【経緯】
[名](スル)
縦糸横糸
縦と横。
南北と東西。経線緯線。また、経度緯度
物事の筋道。いきさつ。顛末(てんまつ)。「事件の経緯を話す」
秩序を立てて治め整えること。
「本朝支那の言語文字を―して用うること千有余年」〈西村茂樹明六雑誌一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たて‐ぬき【緯】
機(はた)の縦糸と横糸。けいい。
縦と横。けいい。
事の始終。すべて。
「源氏、狭衣―に覚え、歌詠み、連歌を好みて」〈十訓抄・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いきさつ【経緯】
物事の経過。また、込み入った事情。 事件の-を説明する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けいい【経緯】
スル
織物の経たて糸と緯よこ糸。たてとよこ。
南北の方向と東西の方向。また、地球の経度と緯度。
物事の入り組んだ事情。いきさつ。 事件の-を聞く
秩序を立てて治めること。治め整える根本となる道理。経営。 之を-するに官撰の議員を以てすべし/明六雑誌 29

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たてぬき【経緯】
織機のたて糸とよこ糸。
たてと横。
くわしい事情・経緯。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いき‐さつ【経緯】
〘名〙
① 事件の経過。事のなりゆき。ゆきがかり。
※洒落本・伊賀越増補合羽之龍(1779)向島之段「終に両家の乱となる。そのいきさつを〈略〉爰にあらはす通が代や」
② 物事のこみいった内部事情。いざこざ。しさい。
※歌舞伎・油商人廓話(1803)二幕「与五郎に盆の上で百両のいきさつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい‐い ‥ヰ【経緯】
〘名〙
① (「経」は「たていと」、「緯」は「よこいと」の意) 縦糸と横糸。また、たてとよこ。縦横。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「横港貿易の盛なるや、往商来賈、経緯織るが如し」 〔荘子‐寓言〕
② 南北と東西。経線と緯線。経度と緯度。〔颶風新話(航海夜話)(1857)〕
③ (━する) 織りなすこと。
※本朝文粋(1060頃)九・唯以詩為友詩序〈大江匡衡〉「至夫吹瑩玉句。必風月於造次。経緯錦篇。写龍鳳於襟懐
④ (━する) 物事の骨子、基幹とすること。また、そのもの。
※古事記(712)序「邦家の経緯、王化の鴻基なり」 〔春秋左伝‐昭公二五年〕
⑤ 物事の筋道。事情。いきさつ。経路。
※途上(1932)〈嘉村礒多〉「彼女と私との経緯を仕組んだ小説も或は必定読んでをるにきまってゐる」 〔史記‐礼書〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たて‐ぬき【経緯】
〘名〙
① 機(はた)の経(たていと)と緯(よこいと)。織物の縦の糸と横の糸。たてよこ。けいい。
※万葉(8C後)七・一一二〇「み吉野の青根が峰の蘿蓆(こけむしろ)誰か織りけむ経緯(たてぬき)無しに」
② 転じて、縦と横。たてよこ。けいい。
※史記抄(1477)七「たてぬきが各十二里ならば、四方に四十八里であらうすか」
③ 物事のくわしい事情や経過。事の一部始終。けいい。また、「に」を伴って、副詞的に用いて、くわしく、十分にの意を表わす。
※十訓抄(1252)一「源氏狭衣たてぬきにおぼえ、哥よみ連哥を好て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経緯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

経緯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation