@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

経覚私要鈔【きょうがくしようしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

経覚私要鈔
きょうがくしようしょう
興福寺別当,大乗院 18世門跡経覚 (1395~1473) の日記。別名『安位寺殿御自記』『後五大院殿記』ともいう。現存するものは 82冊で,応永 22 (1415) ~文安1 (1444) 年はその一部,文安4 (1447) ~文明4 (1472) 年は大部分がある。室町時代を知る好史料。原本国立公文書館蔵。 (→大乗院寺社雑事記 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうがくしようしょう【経覚私要鈔】
興福寺大乗院第18世門跡経覚の日記。日次記65冊と別記16冊の自筆本が内閣文庫に所蔵されている。異称は《安位寺殿御自記》。日次記は応永22年(1415)から文明4年(1472)にわたるが欠失部分もある。記事は興福寺内の寺務,寺領支配をはじめ,大和国人の動向や京都の政治情勢にまでおよび,激動期の政治・社会・経済研究の重要史料である。《史料纂集》所収。【小泉 宜右】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

経覚私要鈔
きょうがくしようしょう

興福寺大乗院第18世門跡経覚の日記。『安位寺殿御自記(あんいじどのごじき)』ともいう。日次記(ひなみき)65冊と、別記(べっき)16冊の自筆本が国立公文書館に所蔵されている。日次記は欠失部分もあるが、1415年(応永22)から72年(文明4)にわたっている。別記には維摩会勅使引付(ゆいまえちょくしひきつけ)、他寺探題日記、能登岩井(のといわい)両河用水記、興福寺僧綱補任(そうごうぶにん)、細呂宜郷下方(ほそろぎごうしもかた)引付、大僧正一座宣事(だいそうじょういちざせんじ)、維摩会記、室町殿南都御下向事などがある。経覚は四度にわたり興福寺別当に就任した。その記述は、興福寺内の寺務、寺領支配をはじめとして、大和(やまと)国人の動向や京都の政治情勢にまで及び、応仁(おうにん)の乱に至る激動期の政治、経済、社会研究の重要史料である。

[小泉宜右]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経覚私要鈔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

経覚私要鈔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation