@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

経験の歌【けいけんのうた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

経験の歌
けいけんのうた
Songs of Experience
イギリスの詩人 W.ブレークの挿絵入りの詩集。 1794年刊。経験の世界が外部圧制に対する反抗に満ちていることを歌った情熱的な作品集。『無垢の歌』と対をなす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けいけんのうた【経験の歌】
《原題Songs of Experienceブレークによる詩画集。1789年に刊行された「無垢の歌」との合本無垢と経験の歌」として1794年に刊行。合本の形でのみ存在し、単独の作品集はない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

経験の歌
けいけんのうた
Songs of Experience
イギリスの詩人ウィリアム・ブレイクの詩画集。1793年、各葉とも印刷彩色を終え、翌1794年から『無垢(むく)の歌』と合本の形で仮綴(かりとじ)し、出版された。著名な「虎(とら)」「毒の木」「病めるバラ」など、本ごとに異同があるが21~28編の詩からなる。多くは『無垢の歌』の各詩編と対応しながら、無垢を脅かす実在の暗黒面を歌っており、この二つの詩集は「恐ろしいシンメトリー」をなしている。[土岐恒二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経験の歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

経験の歌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation