@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

経験カリキュラム【けいけんカリキュラム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

経験カリキュラム
けいけんカリキュラム
empirical curriculum
経験学習理論に立脚して構成されたカリキュラム。系統的な教科カリキュラムに対し,児童生徒の実生活における興味や問題を基礎とし,具体的な問題解決の手段として活用するなかで知識や技能を習得させることをねらいとする。その意味で生活カリキュラムともいわれる。 1920年代のアメリカの進歩主義教育運動のなかで発達した。日本では第2次世界大戦後の教育改革において戦前の画一的な教師中心の教育に対する反省もこめて導入され,一時全国的に普及したが,やがて基礎学力低下が問題にされるとともに急速に衰えていった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けいけん‐カリキュラム【経験カリキュラム】
児童・生徒の経験から発する興味や関心を中心として構成される教育課程

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けいけん‐カリキュラム【経験カリキュラム】
〘名〙 (カリキュラムはcurriculum) 児童生徒の現実生活の中から生じる興味、関心、問題を中心に構成される教育課程。知識、技能を系統的に構成した教科カリキュラムに対するもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経験カリキュラム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

経験カリキュラムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation