@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

経験曲線【けいけんきょくせん】

ナビゲート ビジネス基本用語集

経験曲線
過去からの累積生産量が多いほど、その生産や販売などに掛かるコストが下がる現象をいう。 横軸に累積生産量を、縦軸に単位コストをとったグラフで表され、累積生産量が増加するほど一定比率で単位コストが低減する。この比率は習熟率と言い業種によって異る。 一般に、労働集約的でかつ同じ作業が何度も繰り返されるような産業ほど、習熟率が高いといえる。 経験曲線をもたらす要因には、労働者の習熟による能率の向上や作業の標準化、工程動作の改善などがあるとされる。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経験曲線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

経験曲線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation