@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

結合次数【ケツゴウジスウ】

化学辞典 第2版

結合次数
ケツゴウジスウ
bond order

共有結合の多重性を表す量.結合の強さは,結合している2原子間r-sの電子密度が大きいほど強い.この結合の強さを表す量として全結合次数を考える.このうち,σ結合の強さを表すときはσ結合次数,π結合についてはπ結合次数を用いる.π結合次数 prsLCAO近似によれば,

で与えられる.ここで,υii番目の分子軌道にあるπ電子の数,cricsii番目の分子軌道のr原子とs原子の係数である.全結合次数 Prs

Prs = 1 + prs
で表される.ここで,1はσ結合次数である.r-s間の結合距離 Rrs は,結合次数とは逆の並行関係にあることが知られている.これに関しては,sp2混成軌道からなるエテンベンゼングラファイトのC-C結合の長さだけを用いて得られる次の関係式がよく用いられる.

Rrs(nm) = Rσaprs

ここで,Rσ は sp2 炭素間の一重結合の長さで0.150~0.152 nm,aは定数で0.15~0.19の間にある.この関係を用いれば,結合次数の値から結合の長さを知ることができる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結合次数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

結合次数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation