@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

結城孫三郎【ゆうきまごさぶろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

結城孫三郎
ゆうきまごさぶろう
人形芝居座元,および人形遣い。1世は近世初期 (一説に元禄頃ともいう) 以来,江戸説経人形座座元,説経太夫。近世後期には,結城座は義太夫節人形浄瑠璃座に転向三郎の名跡は代々結城座座元名として受継がれ,明治初期の8世にいたった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆうき‐まごさぶろう〔ゆふきまごザブラウ〕【結城孫三郎】
糸操りの人形遣い。
(初世)江戸前期の人形芝居の座元。江戸葺屋(ふきや)町に結城座を開いたとされる。生没年未詳。
(9世)[1869~1947]東京の生まれ。糸操り人形芝居の手操りを改革芸域を広げて結城座の地位を確立した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうきまごさぶろう【結城孫三郎】
江戸の人形芝居の太夫・座元名。現在まで11代を数えるが,その伝系については不明な点が多い。初世は17世紀後半から18世紀前半にかけて江戸の説経節の太夫として活躍,17世紀後半に江戸の葺屋町で説経節の芝居小屋結城座を創設した。《越前国永平寺開山記》《法蔵比丘》などの正本を残している。2世以降の伝記はほとんど不明であるが,太夫としてよりも,座元ないしは名代名として存続しており,3世は1775年(安永4)に没している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうきまごさぶろう【結城孫三郎】
手操りの人形遣い。
(初世)江戸中期の説経節太夫。江戸葺屋町に人形芝居結城座を開いたといわれる。生没年未詳。
(九世)1869~1947 従来の手操りを改革し、芸域を広げた。名跡は子から孫へと伝えられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

結城孫三郎
ゆうきまごさぶろう
糸操りの人形遣いの名跡(みょうせき)。初世は説経節の太夫(たゆう)で、1635年(寛永12)江戸葺屋(ふきや)町に説経節の人形芝居結城座の櫓(やぐら)をあげたといわれる。その後、代々結城座の座元として幕末まで操芝居(あやつりしばい)を興行していたようだが、2~8世の伝記は未詳。明治から大正・昭和初期にかけて活躍した9世孫三郎(1870―1947)は写し絵師両川亭船遊(りょうかわていせんゆう)の子で、従来の糸操りを大改革し、義太夫(ぎだゆう)物のほかに歌舞伎(かぶき)仕立ての各種浄瑠璃(じょうるり)や長唄(ながうた)物から新派劇にも手を広げ、優れた技術によって名人といわれた。10世(1907―97)は9世の長男。前名一糸(いっし)から、父の没した直後の1947年(昭和22)に孫三郎を襲名。一座を率いて、実験放送時代からテレビに進出し、俳優との共演も含め多くの新作人形劇を手がけ、また各地の学校を巡演して糸操りの啓蒙(けいもう)に貢献した。72年に長男の2世一糸に孫三郎の名跡を譲り、雪斎(せっさい)と改名した。11世(1934― )は父の業績を受け継ぎ、さらに前衛劇的な作品を含めた野心的な公演や海外公演などで、旺盛(おうせい)な活動を続けたが、事情あって名跡を返上。現12世(1943― )は10世の次男。前名の両川船遊から93年(平成5)に孫三郎を襲名した。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆうき‐まごさぶろう【結城孫三郎】
江戸の糸操り人形遣い。
[一] 初世。説経節の太夫で元祿(一六八八‐一七〇四)の初めころ、江戸葺屋町に操座を創立したといわれる。生没年未詳。
[二] 九世。本名田中清太郎。写絵(うつしえ)師の両川(もろかわ)船遊の子。従来の糸操りを改革して新生面を開いた。明治四~昭和二二年(一八七一‐一九四七
[三] 一〇世。九世の長男。現代劇やテレビの分野にも進出。多くの新作人形劇を手がけ、海外でも好評を博した。昭和四七年(一九七二)雪斎と改名。明治四〇~平成九年(一九〇七‐九七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結城孫三郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

結城孫三郎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation