@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

結晶成長【けっしょうせいちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

結晶成長
けっしょうせいちょう
crystal growth
結晶構造をもつ物質が,気相,液相,溶液,非晶質などから結晶核を生じ,それが次第に大きい結晶になることを総称していう。狭義には,結晶核が成長することをさし,結晶核生成と結晶成長とに分けて扱う。結晶核形成過冷却 (過飽和) がある程度に達したとき最も速いが,容器の壁や異物がもとになって核が形成される場合も多い。結晶成長速度は一般に核形成よりも小さい過冷却度のときに速い。成長速度の速い場合,成長は物質の拡散や潜熱の伝達などの輸送現象に支配され,樹枝状晶となる。過冷却度が小さく成長速度の遅い場合,結晶構造に特有な結晶面が結晶の表面となり,規則的な外形となる。このとき結晶表面には渦巻模様がしばしば現れる。 (→渦巻成長 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けっしょうせいちょう【結晶成長 crystal growth】
ミョウバン,炭酸ナトリウム,食塩,ハイポ(チオ硫酸ナトリウム)を水に溶かし長時間密栓せずに放置すると,容器の底にそれぞれの特有な外形をもった固体(結晶)が出現し,しだいに大きくなっていく。そのままさらに放置すると,それぞれの個体はやがて互いに接触・固着して一塊となる。北国では冬の朝さまざまな形をしたが窓ガラスについているのを見かけるし,また,軒端には日ごとに長さを増すつららを見受ける。長時間冷蔵庫中に放置された氷は条件によっては最初と後で氷の粒径,数に差を生ずる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

結晶成長
ケッショウセイチョウ
crystal growth

単結晶の質量と体積とが同時に増加すること.蒸気からの凝縮(気相成長),融液からの凝固(融液成長),溶液からの析出(溶液成長)などにより成長する.結晶化の現象は,結晶の核形成と結晶の成長との二つの過程に分けて考えられるが,普通は核形成と成長とを含めた,単結晶としての成長を結晶成長とよぶ.過飽和状態のもとで,局所的に,ある臨界の大きさをもった結晶核が生成し,熱輸送と物質輸送との結果として,結晶核と気相(または液相)との境界面が有限の速度で進行する過程である.とくに過飽和状態の小さな場合には,結晶表面に顔を出したらせん転位に伴うステップが,結晶の成長中心として重要な役割を果たすことが知られている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結晶成長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

結晶成長の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation