@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

結晶構造解析【ケッショウコウゾウカイセキ】

化学辞典 第2版

結晶構造解析
ケッショウコウゾウカイセキ
crystal structure analysis

X線,中性子線,または電子線の回折を利用して,結晶内の原子配列,熱振動,電子密度分布などを決めること.このうち,X線解析は物質の構造決定にもっとも有力な方法の一つとして広く用いられているので,その概略を述べる.普通は,単結晶(大きさは0.5 mm 角以下)のX線反射をワイセンベルクのX線カメラプリセッションカメラなどで撮影するか,またはX線回折計で記録し,反射角度から単位格子の大きさと形を,ラウエ対称と規則的消滅から空間群を決定する.結晶を構成する原子は空間群対称に従って配列しているが,独立な原子については,単位格子内の位置,温度因子などの構造パラメーターを決めなければならない.多くの場合,重原子法,同形置換法,直接法などで,各反射の位相の近似値を求めて,フーリエ合成法によって電子密度分布を計算し,大略の構造を知る.逐次フーリエ法(または差合成法),続いて最小2乗法によって,構造因子の計算値と実測値の一致をよくするように構造パラメーターを調節する(精密化).精密化の進みぐあいはR因子の減少で見当をつける.得られた構造パラメーターの標準偏差は構造因子の偶然誤差から計算される.普通の有機化合物の結晶構造解析で求められる原子間距離の標準偏差は,多くの場合0.001 nm 以下になる.なお,X線の異常分散を利用して光学活性体の絶対配置を決めることもできる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結晶構造解析」の用語解説はコトバンクが提供しています。

結晶構造解析の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation