@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

給水【きゅうすい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

給水
きゅうすい
water supply
家庭,工場などすべての需要者に対して,水道施設によって水を供給すること。水源の水の異物ろ過,消毒して飲用に適するようにした上水道と,飲用には適さないが,異物や塩類を含まない工業用水道とがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゅう‐すい〔キフ‐〕【給水】
[名](スル)水、特に飲料水を供給すること。また、その水。「給水制限」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうすい【給水 water supply】
水道施設を通じて水需要者へ必要な水質水量の水を供給すること。市街地では各戸が独自に良質・豊富な水を得ることは一般に困難であり,水道施設からの給水を必要とする。給水の目的は飲料水をはじめとする生活用水と消火用水の確保にある。良質で豊富な水源を近郊に得られる場合には,全用途に一括して飲用可能な水を給水する一元水道のシステムが合理的であり,現行の一般的な水道のシステムが発達し普及した。しかし水資源の新規開発が限界に達し,水需要が安定供給力を上回るようになった一部の地域では,一元水道は渇水時に給水不良や断水を余儀なくされたり,エネルギー多消費型の高度水処理による補給を必要とするなどの不合理が生じており,用途水質別の多元水道(少量ながらも絶対に良質な水を必要とする飲料水の給水系統と,質的には若干劣っても水量を必要とする生活雑用水の給水系統などを分けて給水するシステム)へ転換する必要も生じている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きゅう‐すい キフ‥【給水】
〘名〙 水、特に上水を供給すること。また、その水。
※舶用機械学独案内(1881)〈馬場新八・吉田貞一〉前「汽缶に給水(キウスイ)する量は蒸発せし水量と駆水せしものとの和に同じ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

給水」の用語解説はコトバンクが提供しています。

給水の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation