@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

給田【きゅうでん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

給田
きゅうでん
荘園制のもとで,領主荘官地頭職務給として与えた田地。給田には荘官や地頭が下人所従 (しょじゅう) に耕作させて自営するものと,一般の農民請作 (うけさく) させる場合とがあったが,領主への年貢は免除された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゅう‐でん〔キフ‐〕【給田】
中世、領主から荘官地頭に給与された田畑貢租を免除された。給地

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうでん【給田】
日本中世の歴史用語。人給(にんきゆう)とも呼ばれ,中世の荘園制社会のもとで荘官などに対し,職務の報酬として与えられた一定の土地を意味する。これらの給田畠は年貢・公事が免除される除田(じよでん)で年貢・公事は給主の手に入り,地頭給田の場合には地頭がその土地の下地進止権をもったといわれる。給田は給主自身が下人・所従を使って耕作する場合と,一般農民に請作させる場合とがあった。近年,11世紀半ば以降に供御人(くごにん)・供祭人などの技術的な職能をもつ職人集団が国衙領荘園御厨(みくりや)などに給免田を与えられ,この給免田媒介にして諸権門に組織され,非農業的な技能を奉仕する反面諸国を自由往来する自由通行の特権を保証されるというあり方が注目されつつある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

給田
きゅうでん

荘園(しょうえん)領主が荘官らに職務給として与えた田地。預所(あずかりどころ)、検校(けんぎょう)、下司(げし)、公文(くもん)、沙汰人(さたにん)、刀禰(とね)などの荘園管理機関や、鍛冶(かじ)、皮造(かわつくり)、紙漉(かみすき)、土器作(かわらけつくり)などの手工生産者、梶取(かんどり)などの運輸担当者に対する給田がある。給田を与えられた給主は、その田地の年貢(ねんぐ)・公事(くじ)を免除され、その分を自己の収入とした。土地台帳である検注帳では、給田は「除分」や「立用(りゅうよう)」(支出の意)の項に記載され、領主の収入予定から除外された。給田の経営法には、給主が所従(しょじゅう)・下人(げにん)の労働力を用いて直接経営する場合と、一般農民に請作(うけさく)させて地子(じし)をとる場合がある。給分として名田(みょうでん)を与えられる給名(きゅうみょう)は公事免(雑免(ぞうめん))で、公事のみ給主の収入となり、年貢は領主に納めた。

[阿部 猛]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう‐でん キフ‥【給田】
〘名〙 中世、領主が荘官、地頭、工匠などに給与した田地。領主にたいする年貢課役を免除された給地。
※高野山文書‐建久元年(1190)一一月日・金剛峯寺根本大塔供僧解状案「右、諸庄園之習、或給田、或雑免、若二町、若三町歟」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

給田
きゅうでん
荘園領主が荘官(下司・公文 (くもん) ・預所 (あずかりどころ) など)や地頭に職務給として与えた田
畠の場合は給畠という。年貢・公事 (くじ) は免除されている。下人や所従を使って耕作したり,一般百姓に請作 (うけさく) させたりした。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

給田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

給田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation