@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

絨毛癌【じゅうもうがん】

世界大百科事典 第2版

じゅうもうがん【絨毛癌 choriocarcinoma】
胎盤の栄養細胞である絨毛細胞の悪性化によって発生する癌腫で,悪性絨毛上皮腫ともいわれる。婦人科癌のなかでは比較的まれな疾患である。胞状奇胎妊娠後に最も多く発生し,奇胎の5~10%に発生するとみられているが,人工妊娠中絶,自然流産,分娩後に発生する場合もある。妊娠後体内に残した絨毛細胞が癌化することで発生し,通常,妊娠後数ヵ月から数年を経て発症する(このような絨毛癌を妊娠性絨毛癌という)。ごくまれに,妊娠と関係なく卵巣や睾丸(この場合は男子に)に奇形腫として絨毛癌が発生することがある(これを奇形腫性絨毛癌という)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

絨毛癌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

絨毛癌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation