@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

絨毛【じゅうもう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

絨毛
じゅうもう
villus
器官の内面または外面をおおうから突出した微細な突起のこと。粘膜胎盤などに存在する。これによって表面積が著しく増大し,吸収などが有効に行われるようになる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅう‐もう【×絨毛】
小腸粘膜面にある、細かい突起。表面積を増大させ、栄養素を効果的に吸収する。柔突起。
哺乳類の胎盤と子宮壁との接触面にある突起。酸素栄養素の交換が行われる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうもう【絨毛 villus】
腸絨毛または柔突起ともいう。脊椎動物の小腸の粘膜が腸の内腔に向かって多数指状の高まりになって突出した細胞集団。ヒトではその高さは0.2~1.2mmであって,十二指腸において最も密生しており,回腸の終りに向かってその密度が減る。肉眼では観察しがたいが,虫眼鏡でよく見ることができる。絨毛の数は1人の人間で400万に達するといわれる。絨毛は小腸の吸収面を広くするためのものである。その存在によって小腸の吸収面はこれがまったくないと仮定した場合の数倍の広さになっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅうもう【絨毛】
医学で用いる柔毛じゆうもう
哺乳類の胎盤から子宮壁面に樹枝状に伸びる突起。内部に毛細血管があり、これを介して胎児と母体との間での物質交換が行われる。絨毛膜絨毛。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

絨毛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

絨毛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation