@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

統一原子質量単位【とういつげんししつりょうたんい】

世界大百科事典 第2版

とういつげんししつりょうたんい【統一原子質量単位】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

とういつげんし‐しつりょうたんい〔‐シツリヤウタンヰ〕【統一原子質量単位】
原子分子質量を表す単位。静止して基底状態にある質量数12の炭素の12分の1、すなわち近似的に1.6605391×10-27キログラムを1統一原子質量単位とする。SI併用単位ドルトン(記号Da)に等しい。記号u
[補説]かつて原子質量単位(記号amuまたはAMU)とよばれていたが、現在は国際純正および応用化学連合(IUPAC)の勧告により、その使用は推奨されない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

統一原子質量単位
とういつげんししつりょうたんい
原子、素粒子などの質量を表す単位。記号はu。2006年に国際度量衡局により、広く使われているダルトン(記号はDa。ドルトンともいう)という単位も同一と認定された。各種の原子および分子の質量は、一般にこの単位によって与えられる。この単位は、炭素の同位元素12Cを12とし、これを基準にした相対的な数値で表される。1原子質量単位は、12Cの質量の12分の1、すなわち近似的に1.6605655×10-27キログラムである。
 各原子の質量は、古くは水素原子の質量を基準にしてきたが、のちにオストワルトの提案により、化学分野では天然の酸素の原子量を16.0000として、これを基準にしてきた。一方物理学では、酸素(O)の同位元素組成が明らかにされるようになると、その16Oを16.0000として原子量表をつくってきたが、二つの原子量尺度があるのは不便なので、1961年国際純粋・応用物理学連合(IUPAP:International Union of Pure and Applied Physics)と国際純正・応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)は、統一原子量12Cを採用することとした。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

統一原子質量単位」の用語解説はコトバンクが提供しています。

統一原子質量単位の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation