@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

絵地図【エチズ】

デジタル大辞泉

え‐ちず〔ヱチヅ〕【絵地図】
記号を用いず、で表した地図。大まかな位置関係を示すときなどに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えちず【絵地図】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えちず【絵地図】
記号などを用いず、絵によっておおまかに描いた地図。
建物や地形などをわかりやすく立体的に描いた地図。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

絵地図
地図中の事物記号化せず,その事物を絵で示す地図.ただし,事物や風景をある角度から眺めた状態を描いた絵である鳥瞰図とは異なる.教育的観点からは,鳥瞰図から始めて,平面図化した地図に目標となる事物を絵で表示する絵地図に移行し,ついで絵を抽象的記号化する本格的地図へと進めるのが適当とされる.国絵図切絵図などは絵図といい,絵地図ではない.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

え‐ちず ヱチヅ【絵地図】
〘名〙 記号を用いず、絵によって表わした地図。大まかで、おもに位置関係を示す。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

絵地図」の用語解説はコトバンクが提供しています。

絵地図の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation