@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

絵島【エジマ】

デジタル大辞泉

え‐じま〔ヱ‐〕【絵島】
兵庫県淡路島岩屋港の南東にある岩。月の名所。[歌枕
「さよ千鳥ふけひの浦に音づれて―がいそに月傾ぶきぬ」〈千載・雑上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

絵島 えじま
1681-1741 江戸時代中期の大奥女中。
天和(てんな)元年生まれ。7代将軍徳川家継の生母月光院につかえ,年寄として大奥権勢をふるう。正徳(しょうとく)4年山村座の役者生島新五郎との密通の罪で,信濃(しなの)(長野県)高遠流刑。同地で27年間すごし,寛保(かんぽう)元年4月10日61歳で没した。生島三宅島遠島,山村座は断絶となった。江島ともかく。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

絵島 えしま
1809-1887 幕末-明治時代,和宮(かずのみや)の乳母(めのと)。
文化6年4月生まれ。弘化(こうか)4年からつかえる。和宮降嫁では島田左近ら賛成派にくみし,反対派の橋本実麗(さねあきら)にはたらきかけた。文久元年宮とともに江戸にいき近侍した。明治20年2月22日死去。79歳。京都出身。通称は藤御乳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

えじま【絵島】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

絵島
えじま

兵庫県南部、明石海峡(あかしかいきょう)にある陸繋島(りくけいとう)。淡路(あわじ)市に属す。周囲約400メートル。朱色から褐色までの縞(しま)模様の堆積(たいせき)岩で、絵のように美しいところからこの名がある。また、歌枕(うたまくら)として知られ、『千載集(せんざいしゅう)』『続古今集(しょくこきんしゅう)』などに歌われ、国生みのオノコロ島伝説もある。

[吉田茂樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

え‐じま ヱ‥【絵島】
[1] (「えしま」とも) 兵庫県淡路島北東端にある景勝地。古くから月の名所として知られ、南東方から遠望すると離島のように見える。歌枕。
※散木奇歌集(1128頃)悲嘆「思ひきやゑしま見し夜の曙にけふの明石の袖のけしきを」
[2] 〘名〙 「えじまいし(絵島石)」の

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

絵島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

絵島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation