@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

絶対優位【ぜったいゆうい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

絶対優位
ぜったいゆうい
absolute advantage
貿易理論によれば,各国自国の得意とする分野に特化し,その商品と他国で生産された商品とを貿易することにより双方国際分業による利益を得ることができるとされる。その場合,各国がどの分野に特化すべきかについては,2つの考え方がある。第1は,生産コストそのものに着目する考え方であり,他国に比べてコストが小さい場合にはその商品について絶対優位があるという。第2は,生産要素の存在量に着目する考え方である。たとえば,労働に比べ資本が豊富な国は資本集約的な比較優位 comparative advantageがあり,この財を生産し,労働が豊富な国の労働集約的な財と貿易することによって双方に利益が生じることになる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

絶対優位」の用語解説はコトバンクが提供しています。

絶対優位の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation