@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

絹糸腺【けんしせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

絹糸腺
けんしせん
silk gland
鱗翅目,毛翅目の昆虫幼虫にみられる1対の外分泌腺。下唇の変形したもので,細長い管状の腺。カイコガなど厚いをつくるの類によく発達している。腺内に分泌される2種の蛋白質であるフィブロインセリシンが,吐出の際の力学的張力により固化する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けんし‐せん【絹糸腺】
チョウ・ガなどの幼虫がもつ分泌腺(ぶんぴつせん)。分泌物が空気に触れると絹糸になり、繭の材料となる。カイコガによく発達する。きぬいとせん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けんしせん【絹糸腺 silk gland】
チョウやガ(鱗翅(りんし)目),トビケラ類(毛翅目),コマユバチやハバチ(膜翅目)などの幼虫の消化管の下側に沿って走る1対の細長い管状の器官で,絹糸のもとになる液状絹を生成し分泌する。カイコ終齢幼虫の絹糸腺は体重の20~30%に達し,長さ1500m以上の絹糸として吐糸される。腺は前・中・後の3部に区分され,前部糸腺の先端は合一して,下唇先端にある吐糸口につながる。絹糸を構成するタンパク質であるフィブロインは後部糸腺で分泌されて中部糸腺で蓄積され,その外側を覆うセリシンは中部糸腺で合成・分泌される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けんしせん【絹糸腺】
昆虫のチョウ目・トビケラ目などの幼虫にみられる一対の外分泌腺。分泌物は空気に触れて絹糸となり繭や巣をつくる。カイコガでよく発達している。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

絹糸腺
けんしせん
鱗翅(りんし)目、トビケラ目、膜翅(まくし)目などの昆虫の幼虫がもつ器官。下唇腺(かしんせん)が変化したもので、繭や巣をつづるため糸を出す。これはほかの昆虫で本来の唾腺(だせん)であるものと相同であり、細長い1対の管からなり、消化管の両側から下方に位置し、前端は合一して下唇前端の吐糸口(としこう)に開き、後方では何度も折れ曲がるのが普通である。長いものは伸ばすと体長の7倍に達し、カイコの場合は約4倍あり、3部分が区別され、中部は糸の外層をつくるセリシンsericinを、後部はフィブロインfibroinを分泌する。この両物質ともタンパク質で、後者は管内ではフィブロイノゲンfibroinogenの状態であって、前部の細い管を通過して引き伸ばされると変化し、吐糸口から出ると固まる。分泌部は1層の大きな分泌細胞からなり、各細胞は分枝した大きな核をもつ。なお、前部にある付属腺は2本の糸を接着し、硬くさせる液を分泌すると考えられている。絹糸腺のほかに、シロアリモドキの前肢(ぜんし)にある(ふせつ)腺、甲虫類のガムシの雌にある生殖器付属腺、一部の甲虫や脈翅類のマルピーギ管、チャバネゴキブリの若い幼虫の尾角などからも絹糸が出されることが知られている。[中根猛彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けんし‐せん【絹糸腺】
〘名〙 チョウ(鱗翅)目・トビケラ(毛翅)目の昆虫類の幼虫にあって、絹糸を出す一対の外分泌腺。唾液腺の変化したもので細長い管状をなす。特にガ類に発達し、幼虫の歩行のあしがかりになり、分泌物は繭や巣の材料となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

絹糸腺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

絹糸腺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation