@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

絹雲母【きぬうんも】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

絹雲母
きぬうんも
sericite
細かい鱗片状の白雲母 (またはパラゴナイト) の総称化学組成はほぼ白雲母と等しいが,二酸化ケイ素,酸化マグネシウム,水に富み酸化カリウムが少いものを加水雲母イライトなどと呼ぶ。結晶片岩 (絹雲母片岩) ,熱水変質岩などの主成分鉱物。鉱床をなし絹雲母粘土として稼行され,陶石として利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きぬ‐うんも【絹雲母】
微細な鱗片(りんぺん)白雲母。絹雲母片岩の主要構成鉱物。粘土鉱物として産する場合は強い絹糸光沢がある。良質のものは陶土に使用。セリサイト

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きぬうんも【絹雲母 sericite】
含カリウム粘土鉱物の一種で,白雲母の微細種。化学式K0~1(Al,Si3O10)・2H2O+nH2O。白色,灰色まれに淡緑色を呈することがある。少量のクロムを含有するため緑色を示すこともある。低温熱水作用により生成するが,熱水性金属鉱床に伴って産出することも多い。粘性の強い粘土状で産出する。絹糸状の光沢を示すことが多く,この名称がつけられた。耐火物混合材,溶接棒のフラックス原料などに利用される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

絹雲母
きぬうんも
sericite

微細な白雲母(しろうんも)の別名。セリサイトともいう。粘土鉱物として産する場合独特な絹糸光沢があり、こすると指がすべすべしてくる。良質なものは陶石として用いられる。また、低変成度の結晶片岩、いわゆる絹雲母片岩の主要構成鉱物として産する。絹糸光沢をもつため、英名は絹状という意味のギリシア語に由来する。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きぬ‐うんも【絹雲母】
〘名〙 細粒白雲母の総称。白色、微細で、絹糸光沢または真珠光沢をもつ。白雲母のカリウム分が少なく、水分を多くしたような組成をもつ。黒鉱鉱床の変質体、火成岩の熱水変質による粘土鉱床などに産出する。製紙、紡績、クレンザー、陶磁器、農薬などに用いられる。セリサイト。〔鉱物字彙(1890)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

絹雲母」の用語解説はコトバンクが提供しています。

絹雲母の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation