@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

継続【ケイゾク】

デジタル大辞泉

けい‐ぞく【継続】
[名](スル)
前から行っていることをそのまま続けること。また、そのまま続くこと。「討議を継続する」
以前からのことを受け継ぐこと。継承。
「オヤノショウギョウヲ―スル」〈和英語林集成

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けいぞく【継続】
スル
前からの状態が途切れずに続くこと。また、続けること。 観測を-する
受けつぐこと。継承。 オヤノシヨウギヨウヲ-スル/ヘボン 三版 類義の語に連続があるが、連続は複数の物事が切れ目なく連なる意を表す。それに対して継続はある行為・状態が途切れずにそのまま続く意を表す

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

継続
書誌的な関係を表す用語で,逐次刊行物タイトルを変更して,別の逐次刊行物となること.巻次を継承するかかは問わない.継続を,一つの逐次刊行物が別の逐次刊行物に変化する場合に限定し,2以上の逐次刊行物が結び付いて新たな逐次刊行物となる場合を「合併」,2以上の新たな逐次刊行物が生ずる場合を「分離」と称することがあるが,先行する逐次刊行物のタイトルとは別のタイトルになるとき,これらすべてが継続として扱われることもある.特に,レコードリンクなどの技法を用いて目録書誌)データベース中で相互関係を表現するときには,これらすべてを継続として扱うことも多い.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けい‐ぞく【継続】
〘名〙
① 以前から行なわれていた事が引き続いて行なわれること。また、それを続けて行なうこと。〔漢語字類(1869)〕
※一年有半(1901)〈中江兆民〉一「政治に於て主義無く、党争に於て継続無き」 〔礼記疏‐月令〕
② 以前からの事をうけつぐこと。継承。
※改正増補和英語林集成(1886)「オヤノ ショウギョウヲ keizoku(ケイゾク)スル」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

継続」の用語解説はコトバンクが提供しています。

継続の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation