@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

続発性免疫不全症【ぞくはつせいめんえきふぜんしょう】

六訂版 家庭医学大全科

続発性免疫不全症
ぞくはつせいめんえきふぜんしょう
Secondary immunodeficiency syndrome
(膠原病と原因不明の全身疾患)

 続発性(後天性)免疫不全症の原因としては、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症(エイズ)のほかに、自己免疫疾患、悪性新生物、各種移植などにおける薬剤による免疫抑制(副腎皮質ホルモン薬、各種免疫抑制薬、抗がん薬)、好中球減少症(薬剤性好中球減少症、抗がん薬)、他のウイルス感染に伴う免疫抑制、染色体異常症、栄養障害などの代謝障害における免疫不全、老化現象、脾臓(ひぞう)などの免疫担当臓器の摘出などが考えられます。

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

続発性免疫不全症
ぞくはつせいめんえきふぜんしょう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

続発性免疫不全症」の用語解説はコトバンクが提供しています。

続発性免疫不全症の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation