@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

綱丁【ごうちょう】

世界大百科事典 第2版

ごうちょう【綱丁】
律令制のもとで調庸物や舂米(しようまい),封戸(ふこ)からの輸納物などを京まで運送するときの宰領をいう。国司郡司がこれにあたるときはとくに〈綱領〉と称した。《延喜式》によれば,米であれば,300石以上は国司の史生(ししよう)以上,それ以下では郡司およびその子弟ならびに富裕な百姓などが携わるという原則が定められている。丁は輸送労働者である運脚担夫を引率し,〈門文〉という一種の送り状を携え,納入した物品について納入先から〈収文〉という一種の領収証を与えられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こう‐てい カウ‥【綱丁】
〘名〙 令制で、調、庸、雑物などを諸国から京へ運送する官物運納の責任者。国司史生以上の者または郡司がなるときは綱領と呼ぶ。また、荘園制で、給米をうけて、本所・領家に年貢を送る人夫の長をもいう。こうちょう。〔三代実録‐貞観四年(862)五月二〇日〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐ちょう カウチャウ【綱丁】
〘名〙 =こうてい(綱丁)〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

綱丁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

綱丁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation