@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

綱維【コウイ】

デジタル大辞泉

こう‐い〔カウヰ〕【綱維】
大づなでつなぐこと。また、大づな。転じて、物事のおおすじ。大綱。
国家の法。
寺でを監督し、事務をとりしきる僧の総称。三(さんごう)などをいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐い カウヰ【綱維】
〘名〙
① 大づなでつなぎとめること。また、大づな。転じて、物事のおおすじ。
※自由之理(1872)〈中村正直訳〉三「その綱維の相ひ繋属するもの強く」 〔荘子‐天運〕
② 国家のおきて。国の法度。
※続日本紀‐延暦二年(783)一二月戊申「非只綱維越一レ法、抑亦官司阿容」
※泰西国法論(1868)〈津田真道訳〉二「礼義廉恥等国家綱維の心を薄くし」
③ 仏語。寺で一般の僧を監督、指導する僧の総称。寺主、上座、維那など。
※続日本後紀‐承和一一年(844)四月壬戌「既無綱維、令誰撿領

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

綱維」の用語解説はコトバンクが提供しています。

綱維の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation