@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

網代車【アジログルマ】

デジタル大辞泉

あじろ‐ぐるま【網代車】
牛車(ぎっしゃ)の一。車の屋形または(ひのき)の網代を張ったもの。四位五位少将侍従常用とし、大臣納言大将略儀や遠出用とする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あじろぐるま【網代車】
平安・鎌倉時代に公家が使用した牛車(ぎつしや)の一種。屋形(車の箱)を竹やヒノキの薄板で網代に組んで覆ってあることからこの名称がある。大臣・納言等の公卿が直衣を着用しているときや,褻(け)のときあるいは遠所へ行くときに用いた。また四位,五位の人や中将,侍従,外衛のなども乗った。官位,家格,年齢等の違いによって乗用する車の仕様がそれぞれ異なり,例えば,大臣が乗る車は棟の表と物見(屋形の左右にある窓)の上は白網代で無(上白の車),物見の下は青地に黄文の例網代での表の白網代にでそれぞれの家特有の車の紋をかく(紋車)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あじろぐるま【網代車】
牛車ぎつしやの一。竹または檜ひのきの薄板の網代で屋形をおおい、物見(窓)を設けたもの。摂政・関白・大臣・納言なごん・大将などは略式用として、四・五位、中・少将、侍従などは常用とした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あじろ‐ぐるま【網代車】
〘名〙 牛車(ぎっしゃ)の一種。竹または檜(ひのき)の網代⑤を、車箱の屋形の表面に張ったもの。
※蜻蛉(974頃)下「ただきよげなるあじろぐるまに、馬(むま)にのりたる男ども四人」
[補注]屋形の構造、物見の大小、表面の文様などに別があり、殿上人以上の公家が、家格、職掌に応じて使い分けた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

網代車
あじろぐるま

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

網代車」の用語解説はコトバンクが提供しています。

網代車の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation