@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

網目【あみめ】

大辞林 第三版

あみめ【網目】
網地を作っている糸と糸とのすき間。網の目。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あみ‐の‐め【網目】
〘名〙
① 網の、編んである糸と糸、または、針金と針金とに囲まれたすきまの部分。また、そのように張りめぐらされた状態のたとえ。あみめ。
※百法顕幽抄平安中期点(900頃)「網(アミ)の目(メ)斉整(ととのほ)りぬ」
② (網の目のように)多い人目。また、他人からの監視の目。→あみのめ(網目)を潜(くぐ)る
※盲獣(1931‐32)〈江戸川乱歩〉鎌倉ハム大安売「張りめぐらされた警察の網(アミ)の目(メ)を、どこをどうして逃れたのか」
※雑俳・川傍柳(1780‐83)二「網の目へ断(ことわり)出羽の郡司いい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あみ‐め【網目】
〘名〙
① 網の、編んである糸と糸とに囲まれたすきまの部分。また、そのような部分があって、網のような状態になっているものや、その模様。あみのめ。
※道程(1914)〈高村光太郎〉淫心「われら共に超凡、すでに尋常規矩の網目を破る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あみ‐め【網目】
網の目」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

網目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

網目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation