@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

網魞類【あみえりるい】

日本大百科全書(ニッポニカ)


あみえりるい
screen labyrinth nets
漁業の網漁具のうち、定置網類の一種。垣網(かきあみ)と大小数個の囲網(かこいあみ)の二つの部分からなる。魚群は垣網によって通路を遮断され、大きい囲網から小さい囲網へと誘導され、最後の囲網の中で漁獲される。すなわち囲網の部分は、さらに2段、3段と小さい囲網が連なっており、最後の囲網まで誘い込まれた魚をすくいとる構造になっている。最後の囲網が袋網になっているものもある。規模としては、垣網を含む全体の長さが10メートル前後から数百メートルに及ぶものまである。同様の構造でありながら、漁網を使わずに竹簀(たけす)や葦簀(あしす)でつくられているものを、「(えり)」とよぶ。漁具の分類上は雑漁具に含まれる。日本では、琵琶(びわ)湖や霞ヶ浦(かすみがうら)などの湖沼、河川、入り江でおもに用いられ、アユ、コイ、フナ、ハヤ、ウグイなどを漁獲対象としている。東南アジアなどでも類似の漁具・漁法が浅海などで操業されている。[添田秀男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

網魞類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

網魞類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation