@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

綺羅【キラ】

デジタル大辞泉

き‐ら【×綺羅】
《「」は綾織りの絹布、「」は薄い布の意》
美しい衣服。羅綺。「綺羅をまとう」
外見が華やかなこと。また、うわべを装い飾ること。「綺羅を張る」「綺羅を競う」
栄華をきわめること。権勢の盛んなこと。
「世のおぼえ、時の―目出たかりき」〈平家・一二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きら【綺羅】
は綾織りの軽い絹、は透けるような薄い絹
美しい衣服。また、美しい衣服で着飾った人。羅綺。 -をまとう -、星のごとく居並ぶ綺羅星きらぼし
華やかな美しさ。ぜいたくで派手なこと。 -を尽くす -を競う
盛んな権勢。栄華。 世のおぼえ、時の-めでたかりき/平家 1
[句項目] 綺羅を飾る 綺羅を磨く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐ら【綺羅】
〘名〙 (「綺」はあや、模様のある絹の布、「羅」はうすぎぬの意)
① 綾絹(あやぎぬ)と薄衣(うすぎぬ)。うつくしい衣服。きらびやかなよそおい。
※文華秀麗集(818)中・奉和王昭君〈菅原清公〉「誰堪氈帳所。永代綺羅房」 〔古楽府‐相逢行〕
② 装い飾ること。はなやかであること。また、その人。
※和漢朗詠(1018頃)下「隙駟追ひがたし、綺羅の三千暗に老いんだり〈張読〉」 〔旧唐書‐裴漼伝〕
③ 栄花をきわめること。威光が盛んであること。寵愛を受けること。
※平家(13C前)一「世のおぼえ、時のきら、めでたかりき」
④ 幟(のぼり)の一種。周辺に飾り乳をつけた指物(さしもの)の名。また、その飾り乳。
⑤ 芝居で、衣装をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

綺羅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

綺羅の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation