@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

緋衣【ヒエ】

デジタル大辞泉

ひ‐え【×衣】
緋色の袈裟(けさ)または法衣緋の衣(ころも)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひい【緋衣】
緋色の衣服。赤い着物。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あけ‐ごろも【緋衣】
[1] 〘名〙 緋色(ひいろ)の袍(ほう)。五位の人が着る束帯用の上衣。あけのころも。転じて、五位の異称。
※頼政集(1178‐80頃)下「年のうち五位の上下をして正月に四位をして侍る悦び遣すとて、中宮亮重家、あけ衣色をそへにし紫の今ひとしほやまして嬉しき」
[2] 同音の繰り返しで「あけ」にかかる。
※後撰(951‐953頃)雑一・一一一六「むばたまのこよひばかりぞあけ衣明けなば人をよそにこそ見め〈藤原兼輔〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐い【緋衣】
〘名〙
① 令制の服制で、四位(深緋色)・五位(浅緋色)の朝服の色。
※三代実録‐貞観九年(867)四月四日「賜文山従五位下告身、即時着緋衣、観者栄之」
② 緋色の衣服。赤い衣服。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「緋衣の兵卒整列して礼式をなす」 〔新唐書‐薛苹伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐え【緋衣】
〘名〙 緋色の袈裟または法衣。緋のころも。
※俳諧・本朝文選(1706)四・解類・藪医者解〈汶村〉「緋衣(ヒヱ)木蘭色(もくらんしき)の払子(ほっす)も心許なけれど」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緋衣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

緋衣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation