@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

総合安全保障【そうごうあんぜんほしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

総合安全保障
そうごうあんぜんほしょう
Comprehensive Security
国家の安全保障軍事力によってのみはかられるのではなく,外交努力や対外経済協力によって総合的に達成するものとした構想。 1978年に日本の安全保障政策概念として大平首相によって提唱され,その後同首相の委嘱を受けた民間有識者による総合安全保障グループが概念の具体化をはかった。当時,経済力が相対的に低下していたアメリカからの圧力により日本は防衛努力の増大を迫られたが,日本では長く安全保障論議がタブー視されてきたため,軍事力の整備・増大については国内世論に対して新たな安全保障概念を提示する必要があった。こうした事態に呼応して出されたのが同構想である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総合安全保障」の用語解説はコトバンクが提供しています。

総合安全保障の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation