@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

総合雑誌【そうごうざっし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

総合雑誌
そうごうざっし
論文や評論,それに随筆や小説など硬軟さまざまな記事を内容とする知識人向けの雑誌。おもに月刊。日本で最初の総合雑誌は,博文館が 1895年1月に創刊した『太陽』であるといわれる (1928.2.終刊) 。第2次世界大戦前の代表的な総合雑誌は,『中央公論』『改造』『文藝春秋』『日本評論』などであった。終戦直後にはいったん総合雑誌ブームが起ったが,その時期に創刊されていまなお健在なのは『世界』 (岩波書店) くらいで,総合雑誌だけで日本の知的世論,論壇を形成した時代は過ぎたといえよう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうごう‐ざっし〔ソウガフ‐〕【総合雑誌】
思想・政治・経済・文芸科学など、さまざまの分野論文・評論や創作などを総合的に掲載する雑誌。言論誌オピニオン誌
[補説]日本では特に「国民之友」「中央公論」「太陽」「改造」「解放」「我等」「文芸春秋」「展望」などを指す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうごうざっし【総合雑誌】
政治社会評論と文芸作品とを主内容にして,すぐれた知的成果を実現しようとする雑誌。諸外国ではその内容の主軸によって評論誌,文芸誌と区別されているのが普通で,総合雑誌という呼称には日本特有の事情がある。昭和初年までは一般に〈高級雑誌〉の名が用いられていた。第2次大戦中の雑誌統制で,用紙割当てと編集内容の規制を行ったさいに,〈総合雑誌〉の類別がなされたことが始まりである。 徳富蘇峰が1887年に創刊した《国民之友》は,彼が青年期に主唱した平民主義論説や民友社同人らの評論とともに,二葉亭四迷などの小説を掲載して,総合雑誌の基本的なスタイルを確立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

総合雑誌
そうごうざっし

政治、経済、文化、思想などの広い分野にわたる論文やエッセイ、ルポルタージュ、人物論などのいわゆる中間読み物、それに創作を配して編集される雑誌。

[海老原光義・小林一博]

第二次世界大戦前

総合雑誌という名称は、太平洋戦争下、政府が実施した雑誌統廃合による用紙割当て(強い言論統制の面をもっていた)の際に定着したのであるが、こうした雑誌の源流をたどれば、『国民之友』(1887創刊)、『太陽』(1895創刊)、さらに『明六(めいろく)雑誌』(1874創刊)にまでさかのぼることができよう。しかし、高い知的要素と中間読み物が共存し、外国には例をみないこうした総合雑誌のスタイルが典型的に形成されるのは、西本願寺の若い僧侶(そうりょ)たちが「禁酒と進徳」を標語として発刊した『反省会雑誌』(1887創刊)が、1899年(明治32)『中央公論』と改題され、名編集者滝田樗陰(ちょいん)の活躍によって仏教色を払拭(ふっしょく)し、多くの知識人をとらえる高級雑誌に変貌(へんぼう)を遂げた1910年代から20年代にかけてとみてよいであろう。当時の『中央公論』は、民本主義の吉野作造や大山郁夫(いくお)らの進歩的言論を掲載するとともに、中間読み物や文芸欄を充実して、夏目漱石(そうせき)、森鴎外(おうがい)など既成の作家に加えて、宮本(中条)百合子(ゆりこ)のような新人をも大胆に登場させて話題をよび、読者層も急速に拡大していった。1919年(大正8)4月『改造』が、時代の風潮を反映して、より急進的なマルクス主義的論調を看板に掲げて創刊され、両誌は毎号激しくその編集を競うようになった。

 他方、菊池寛(かん)編集の文芸雑誌として出発し、時事問題にまで編集の範囲を広げた『文芸春秋』(1923創刊)と、経済中心の雑誌であった『経済往来』(1926創刊)が『日本評論』と改題(1936)して総合雑誌に移行し、しばらくはこれら4誌競合の時代が続いた。しかし、日中戦争の長期化・太平洋戦争の勃発(ぼっぱつ)は、ジャーナリズム全体を著しく右翼化させ、『現代』(1920創刊)、『公論』(1939創刊)などとともに『文芸春秋』も過激な国粋主義を唱えるようになり、合理主義の命脈をわずかに保っていた『中央公論』『改造』『日本評論』などは、編集者が次々と検挙される横浜事件がフレームアップされるなかで、『中央公論』『改造』の2誌が1944年(昭和19)7月東条内閣から自発的廃刊・閉社を命ぜられた。戦争末期の両誌はすでに全面的に軍・政府に協力していたのであり、この処置は、権力の恣意(しい)的行使としかいいようのないものであった。

[海老原光義・小林一博]

第二次世界大戦後

1945年(昭和20)日本の無条件降伏は、これら『中央公論』『改造』の華々しい復活を可能にし、軍・政府の無責任に怒り、自由な言論に飢えていた国民は、競って総合雑誌に民主主義の理念や情報を求め、『新生』『展望』『潮流』『世界』『世界評論』『朝日評論』『日本評論』『文芸春秋』などおびただしい数の総合雑誌が創・復刊された。しかし、そのほとんどが短命に終わり、復刊した『改造』もまた姿を消した(1955)。敗戦直後創刊され、その編集方針を持続して今日に至っているのは『世界』1誌だけである。なお、娯楽読み物的週刊誌の氾濫(はんらん)のなかで『朝日ジャーナル』(1959創刊)が総合雑誌型の週刊誌として健闘したが、1992年(平成4)に休刊に追い込まれた。

 安定ムードのなかで総合雑誌はかつての生彩を失っているといわれ、体制批判、反権力の伝統をもつこの分野でも中間化、保守化が趨勢(すうせい)のようである。商業雑誌としての限界をもつとはいえ、独自の批評性を売り物としてきた総合雑誌の行方は混沌(こんとん)としている。とくに、1970年代に始まる教育情報産業化の時代、80年代のニューメディア時代、90年代の電子化、インターネット時代への対応は各誌とも不十分といわれている。評論や批評よりも解説を、解説よりも素材情報を好む若い世代の傾向のなかでは、従来型の総合雑誌は存在そのものに疑問が呈されているともいえよう。

[海老原光義・小林一博]

『鈴木均「総合雑誌の停滞と変容」(『ジュリスト増刊総合特集5 現代のマスコミ』所収・1976・有斐閣)』『田所太郎著『戦後出版の系譜』(1976・日本エディタースクール出版部)』『内川芳美・新井直之編『日本のジャーナリズム』(1983・有斐閣)』『畑中繁雄著『日本ファシズムの言論弾圧抄史』復刻版(1986・高文研)』『石坂悦男編『マスメディア産業の転換――情報革命でどう変わるか』(1987・有斐閣)』『清水英夫著『マスメディアの自由と責任』(1993・三省堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうごう‐ざっし ソウガフ‥【総合雑誌】
〘名〙 思想・政治・経済・文芸・科学などに関する評論や創作、または随筆などを総合的に編集して作りあげる雑誌。
※生活の探求(1937‐38)〈島木健作〉二「大衆雑誌から、高級と云はれる綜合雑誌まで取りまぜであった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総合雑誌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

総合雑誌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation