@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

総合【そうごう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

総合
そうごう
synthesis
哲学用語としては,人間の意識の最も重要な働きの一つであり,多くの認識内容を一つの全体的な認識へ統合することをいう。「分析」の対語であるが,しかし両者は相互補完の関係にある。プラトンの『ファイドロス』では,分割と総合という二つの言論の方法が語られ,それらを用いながら事象の本質としてのイデアに到達する言論の技術がディアレクティケー (問答の方法) といわれた。近世哲学史上,この言葉が哲学的に重要な概念として意味をもったのはカントが最初で,次にヘーゲルにおいてである。カントでは,判断の観点から,「先天的総合判断はいかにして可能であるか」が問われた。ヘーゲルでは,弁証法の観点から,相互に矛盾する定立と反定立とを止揚することが総合であるとされた。 (→総合判断 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そう‐ごう〔‐ガフ〕【総合/×綜合】
[名](スル)
個々別々のものを一つに合わせてまとめること。「全員の意見を―する」「各種目の得点を―する」

㋐《synthesis》分析的思考によってとらえられたいくつかの部分・要素を結び合わせて統一的に構成すること。⇔分析
㋑《〈ドイツ〉Synthese》ヘーゲル弁証法で、相互に矛盾する定立と反定立とを止揚すること。合(ごう)。ジンテーゼ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

総合の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation