@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

総社市【そうじゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

総社〔市〕
そうじゃ
岡山県南部,高梁川下流域にある市。 1954年総社町 (1896町制) が新本村,山田村,久代村,池田村,阿曾村,常盤村の6村と合体して市制。 1972年昭和町を編入。 2005年清音村,山手村と合体。古代吉備文化の中心地の一つで,8世紀に備中国府,国分寺が置かれ,備中総社の門前町として発展。市名もこれに由来。自動車の関連企業からなる水島機械金属工業団地があり,伝統工業として配置売薬の生産がある。阿曾は鋳物の産地として有名であった。市域の北部は吉備高原で,マツタケ,タバコを産する。丘陵地では,カキ,ブドウ,モモの栽培と養鶏が行なわれる。中・南部は岡山平野で,米,ムギ,野菜,果樹,イグサの産地。岡山市,倉敷市への通勤者が多く宅地化が進んでいる。槇谷川の豪渓は景勝地で国の名勝に指定されている。作山古墳第一古墳 (→総社古墳群 ) ,こうもり塚古墳,鬼城山,備中国分尼寺跡,備中国分寺跡,福山城跡などの国指定史跡,雪舟の修行で名高い宝福寺がある。市域のほとんどが吉備史跡県立自然公園吉備路風土記の丘県立自然公園に属する。備中神楽は国の重要無形民俗文化財。 JR伯備線,国道 180号線が通じ,1997年に岡山自動車道が開通,岡山総社インターチェンジが開設された。面積 211.9km2。人口 6万6855(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうじゃ‐し【総社市】
総社

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総社市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

総社市の関連情報

関連キーワード

キモトリプシン岡山県の要覧劉邦平成の大合併高祖駅伝競走馬王堆漢墓マラソンレース白金劉 邦

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation