@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

緑泥石【りょくでいせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

緑泥石
りょくでいせき
chlorite
(Mg,Fe,Al,Cr,Mn)12(Si,Al)8O20(OH)16 。蛇紋石とアメサイトを端成分とし,Mg → Fe ,(Mg,Fe)Si → AlAl の置換で導かれる,両者の中間組成の複雑な固溶体単斜晶系鉱物。硬度2~3,比重 2.6~3.3。緑,白,黄,紅,褐色など。構造の単位層の厚さは約 14Åで,滑石の構造をつくっている層とブルース石の構造をつくっている層の積重なりから成る。層の重なり方の違いにより,多くの多形が生じる。たとえば同じ化学組成をもち,7Åの単位層から成るカオリン型構造の鉱物が熱水合成により知られており,セプテ緑泥石と呼ばれる。合成実験では7Åのセプテ緑泥石よりも 14Å構造の緑泥石のほうがより高温,高圧の条件下で生じる傾向がある。諸種の堆積岩,低温の変成岩熱水変質を受けた火成岩などに広く出現する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りょくでい‐せき【緑泥石】
黒雲母(くろうんも)に似た組成をもつ複雑な層状の結晶構造珪酸塩(けいさんえん)鉱物単斜晶系緑色ないし黒緑色で、ガラス光沢または真珠光沢があり、うろこ状・葉片状をなす。低温でできた変成岩続成作用を受けた堆積岩熱水変質を受けた火成岩中に存在する。クロライト

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょくでいせき【緑泥石 chlorite】
クロライトともいう。種々の陽イオンを含み,層状の結晶構造をもつ含水ケイ酸塩鉱物で,化学組成は(Li,Mg,Fe2+,Mn2+,Ni,Al,Fe3+,Cr3+)4~6(Si,Al)4O10(OH)8で表される緑泥石族鉱物の総称雲母に似た葉片状あるいは板状の結晶を作るが,へき開片には雲母のような弾力性はない。通常は単斜晶系に属するが,三斜晶系や直六方晶系のものもある。モース硬度2~3,比重2.6~3.3。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

緑泥石
りょくでいせき
chlorite

緑泥石鉱物の総称で、クロライトともいい、造岩鉱物、造粘土鉱物として重要。ケイ素(一部、アルミニウム、鉄、ホウ素などが置換することがある)の四面体がつくる二つの層が、金属原子がつくる八面体の層を挟み、さらにこれらの複合層の間に金属原子と水分子でつくる八面体の層が入っていることを結晶構造上の特徴とする。化学成分の変化によって、11種以上の鉱物名がつけられている。たとえば、クリノクロア、シャモス石、須藤石(すどうせき)などがある。アルミニウムやマグネシウムを主成分とするものは無色から白色、鉄を含むものは緑色系が多い。クロムを含むものは赤紫色になる。マンガンを主成分とするものは褐色系となる。普通、土~泥状あるいは微細な鱗片(りんぺん)状結晶の集合であるが、まれに六角ないし三角柱状の結晶がみられることがある。低温でできた変成岩、とくに緑色片岩や緑色岩(変成した塩基性岩)の主要な構成鉱物として多量に産する。ほかに、熱水変質を受けた各種火山岩、火砕岩中に粘土鉱物として産し、また花崗(かこう)岩質ペグマタイトの末期生成物として、また、輝石、角閃(かくせん)石、雲母(うんも)などの変質物としても普通にみられる。粘土としての利用価値がある。このグループの鉱物は緑色系をしているのが一般的なので、緑色を意味するギリシア語から命名された。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りょくでい‐せき【緑泥石】
〘名〙 アルミニウム・鉄・マグネシウムの含水珪酸塩鉱物。緑色、半透明で、ガラス光沢がある。単斜晶系、六角板状結晶。有色鉱物の分解物として、または結晶片岩中に産する。緑泥。クロライト。〔鉱物字彙(1890)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

緑泥石
リョクデイセキ
chlorite

Mg3(Si2O5)(OH)4(蛇紋岩)と(Mg2Al2)(SiAl)O5(OH)4(アメサイト)を端成分とし,Mg2+ が Fe2+ で置き換えられた複雑な固溶体.低温変成岩たい積岩,熱水変質を受けた火成岩に産出する.淡緑色を呈する.単斜晶系,空間群 C 2/m.格子定数は蛇紋岩に類似している.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緑泥石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

緑泥石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation