@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

緑茶【りょくちゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

緑茶
りょくちゃ
green tea
茶葉を原料としてつくる嗜好飲料のうち,その葉を発酵させないまま,焙炉 (ほいろ) の上でもみながら乾燥してこしらえるもの。葉緑素の色があまり破壊されずに残るのでこの名がついている。玉露煎茶番茶,焙などがある。 (→紅茶 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りょく‐ちゃ【緑茶】
茶の若葉を摘んで蒸し、焙炉(ほいろ)の上でもみながら、葉の緑色を損なわないように乾燥させた茶。玉露煎茶抹茶など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

緑茶
 不発酵茶で,茶葉を収穫後,蒸気で蒸して酵素を失活させて製造.発酵茶紅色から褐色をしているのに対して緑色であることが特徴

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょくちゃ【緑茶】
チャの生葉は,摘んだまま放置すると発酵して茶褐色に変色する。このため,摘んだ葉を直ちに加熱して葉に含まれている酵素の活力を失わせ,緑色を保たせた製品が緑茶で,日本と中国で作られている。加熱のしかたには蒸気で蒸す方法と釜で炒(い)る方法とがあり,日本ではほとんどが前者による蒸製である。中国の緑茶は後者による釜炒製で,日本では九州の一部でこの釜炒茶が作られている。 日本緑茶には,煎茶,玉露,挽茶(ひきちや),番茶,玉緑茶などの種類があり,玉緑茶以外はすべて蒸製である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

飲み物がわかる辞典

リューチャー【緑茶 (中国)】

中国茶の一種で、茶の葉を摘み取って、発酵が生じないようにただちに釜でいって加熱し、茶葉の色を緑色に保ったまま飲料用に加工したもの。不発酵茶にあたる。カテキンやテアニンビタミン類を多く含み、代表的なものとして龍井茶(ロンジンちゃ)がある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょくちゃ【緑茶】

日本茶のうち、ツバキ科の常緑低木・茶の芽や葉を摘み取って、発酵が生じないようにただちに加熱し、葉の緑色を保ったまま飲料用に加工したもの。また、加工後の茶葉に湯を注いで成分を湯に浸出させたり、茶葉の粉末を湯に溶かしたりして作った飲み物。摘み取った芽や葉を蒸すか釜でいって発酵を止め、揉んで(抹茶は揉まずにそのまま)乾燥させて作る。煎茶、番茶、玉露、玉緑茶、抹茶などがある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

緑茶
りょくちゃ

発酵(主として酸化)の少ない状態でつくられる茶。製造の第一工程で、茶葉を蒸気または火熱を用いて熱し、茶葉中にある酵素を失活させて酸化を防ぎ、固有の緑色を保たせるようにつくる。煎茶(せんちゃ)、玉露(ぎょくろ)、抹茶(まっちゃ)、玉(たま)緑茶などがあり、日本で生産される茶の大部分は緑茶である。

[桑原穆夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りょく‐ちゃ【緑茶】
〘名〙 茶の若葉を蒸し、火にかけて乾かしながら揉(も)んだもの。煎茶(せんちゃ)・碾茶(ひきちゃ)など普通日本で飲む茶。紅茶に対していう。〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緑茶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

緑茶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation