@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

線文字B【せんもじビー】

世界大百科事典 第2版

せんもじビー【線文字B】
エバンズにより名づけられたミノア文字(絵文字線文字A・Bに大別)のうち,最も新しい書体で,前16~前12世紀にかけて使用された。ミュケナイ文字ともいわれ,おもに粘土板に書かれたものが現存している。大部分クノッソスピュロス,ミュケナイで発見されたが,ティリュンステーバイオルコメノスエレウシスなどからもわずかながら出土している。このうちピュロス出土のものが一番多く,保存状態も良好であるが,本来一時的なメモであったものが王宮炎上の際焼かれて硬くなり残存した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

線文字B
せんもじびー

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

線文字B」の用語解説はコトバンクが提供しています。

線文字Bの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation