@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

線路【センロ】

デジタル大辞泉

せん‐ろ【線路】
車両を運行させるために路盤上に道床を設け、枕木をのせてレールを取り付けた軌道。また、それを含む鉄道通路の全体。
送電線・電信線などの導線とその支持施設。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんろ【線路 track】
鉄道線路ともいう。広義には鉄道において列車または車両を走らせるための通路をいい,停車場設備,信号保安設備,通信設備など必要ないっさいの施設を含む。運転取扱上は本線側線に区分される。また狭義には,上記の施設のうち,施工基面上の道床および軌框(ききよう)(レールまくら木を組み立てたもの)と直接これに付帯する施設からなる軌道を指すことも多い。なお,一般にはレールを線路ということもあるが,正しくはレールに対応する日本語は軌条であり,レールは線路構成要素の一つにすぎない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

せん‐ろ【線路】
〘名〙
① ある方向にまっすぐに進む線。また、ある二点を結ぶ線。
※暦象新書(1798‐1802)中「一丸を取て其中に投ることあらば、是丸能一道の線路を守て、無窮に至ても」
※男女交際論(1886)〈福沢諭吉〉「男女情交の線路は殆んど断絶して之を通ずるの方便なきものの如し」
② 物事の進むすじみち。方向。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉附録「別に坦々たる孔道の一線路有る可し」
③ 鉄道の道すじ。鉄道の軌道。また、レール。レールウェー。
※浪花新聞‐明治九年(1876)七月二八日「大坂西京間之汽車運転相開候に付〈略〉猥りに右線路へ立入間敷」
④ 送電線・電信線など、屋外の有線電気回路。
※新聞雑誌‐一六号・明治四年(1871)一〇月「東京より長崎まで伝信機を設けらる線路如左」
⑤ 郵便物を逓送する交通路。郵便線路。
※逓信史要(1898)〈逓信省編〉二「郵便線路は通常道路鉄道及水路の三種より成り〈略〉郵便物逓送の度数及其逓送速度の等級は線路の種類に従ひて之を定め」
⑥ 船舶が航行する道すじ。
※逓信史要(1898)〈逓信省編〉三「航路を外国(一)内国(二)近海(三)平水(四)に種別し其第一種を内外国の諸港に航通し得べき線路」
⑦ 細い道。
※玩鴎先生詠物雑体百首(1794)月波楼席上詠蟻拈媒字「階砌玄裳疏線路、林園赤花堆

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

線路
せんろ

軌道

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

線路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

線路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation