@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

緞帳【ドンチョウ】

デジタル大辞泉

どん‐ちょう〔‐チヤウ〕【×緞帳】
厚地の織物でつくった模様入りの布。帳(とばり)などに用いる。
劇場の舞台と観客席とを仕切る垂れ幕。厚地に絵や刺繍(ししゅう)などを施した幕で、上下に開閉する。緞帳幕。
緞帳芝居」「緞帳役者」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝塚用語辞典

緞帳
宝塚大劇場には三枚の緞帳を吊ることが出来るようになっており、それぞれ一番緞帳、二番緞帳、三番緞帳と呼ばれている。また、東京宝塚劇場も同様に三枚、宝塚バウホールは一枚。

出典:宝塚歌劇公式ホームページ「宝塚用語辞典」

大辞林 第三版

どんちょう【緞帳】
現代の劇場で、舞台と客席とを仕切る、地の厚い絵入りや模様入りの上下に開閉する幕。緞帳幕。 → 引き幕
江戸時代、引き幕の使用が許されなかった小芝居や臨時の小屋掛け芝居で用いた、上下に開閉する粗末な幕。
厚地の模様入りの布。帳とばりなどに用いる。
「緞帳芝居」「緞帳役者」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

緞帳
どんちょう
劇場用語。額縁舞台と観客席との間をくぎる幕の一種で、上下に動かして開閉するもの。西欧では、ほとんどが緞帳式であるが、歌舞伎(かぶき)劇場では原則的には引幕(ひきまく)を用いて左右に開閉する。近年は歌舞伎の劇場にも緞帳があり、新作物、舞踊劇など、上演作品によっては、これを用いることがある。江戸時代の小芝居は引幕を許されず、粗末な緞帳を使っていたことから、「緞帳芝居」という言い方も行われた。[服部幸雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どん‐ちょう ‥チャウ【緞帳】
〘名〙
厚地の織物による壁代(かべしろ)の一種。内外の仕切りと装飾を兼ねて張りめぐらし、ときには幕の代用ともした。また、芝居などの垂れ幕。引き幕に対する。
※俳諧・類船集(1676)知「翠簾も蚊屋も曇帳(ドンちょう)も風の音にやすらかならず」
※細君(1889)〈坪内逍遙〉一「芝居といってもタカが鈍帳(ドンチャウ)位ゐだアネ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緞帳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

緞帳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation