@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

締太鼓【しめだいこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

締太鼓
しめだいこ
能や長唄囃子などに広く用いられる紐締め式の膜鳴楽器ケヤキマツなどでつくった両面に,鉄の輪に牛を張った皮面を当て,これを縦調べで締めつけ,さらに上調べで強く締めてから特別製の台に載せる。皮面の直径は約 35cm,胴の直径は約 27cm,長さは約 15cmで,台に載せると皮面が奏者のほうに傾いた形になる。これを檜製の2本の (ばち) で打奏する。金春流では人差指親指で桴を持ち,小指は離れた状態で手首を楽にして打つのに対して,観世流では5本の指で桴を握り,手首を固定したフォームで打つなど,流派によって差がある。打ち方は普通,大ノ桴,中ノ桴,小ノ桴,刻ム桴の4種類があり,各流派によって異なる記譜法が用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しめ‐だいこ【締(め)太鼓】
両側の皮面のにひもを通し、胴を挟んで締め上げた扁平(へんぺい)な太鼓。台に置いて2本の桴(ばち)で打つ。・長唄・民俗芸能の囃子(はやし)などに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

締太鼓
素手で演奏する鼓とは違って、バチを用いて演奏する太鼓です。能や歌舞伎囃子、民俗芸能の祭囃子獅子舞などに用いられます。 調緒〔しらべお〕とよぶ麻紐(締めロープ)で皮を両面に張り締めています。

出典:シナジーマーティング(株)

世界大百科事典 第2版

しめだいこ【締太鼓】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

締太鼓
しめだいこ
日本の膜鳴楽器。能楽、歌舞伎(かぶき)の下座(げざ)音楽、長唄(ながうた)をはじめとする三味線音楽の囃子(はやし)、祭囃子や獅子舞(ししまい)などの民俗芸能などに用いられる。広義には、2枚の革を胴の両側に当てて紐(ひも)を通して締め上げたもの全般をいい、鼓(つづみ)などもこのなかに含まれるが、一般的には、猿楽(さるがく)太鼓ともよばれる短胴で平たい形の枠つき太鼓をさす。表と裏の革をケヤキでできた胴の両面に当て、両方の革の調孔(しらべあな)に縦調(たてしらべ)という麻紐を通して締めた上から、上調(うわしらべ)とよばれる紐をかけ、台に掛けてヒノキ製の2本の桴(ばち)で打つ。神楽(かぐら)などの民俗芸能においては、紐のかわりに鉄のボルトを使って締めているものが使われる場合もあるようである。[渡辺尚子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しめ‐だいこ【締太鼓】
〘名〙 太鼓の一つ。両側の皮面の縁をひもで結び、胴にしめつけたもの。台に手前が低くなるように置いて、二本のばちで打つ。能、長唄、民俗芸能の囃子などに用いる。能では普通、単に太鼓という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

締太鼓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

締太鼓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation