@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

編鐘【ヘンショウ】

デジタル大辞泉

へん‐しょう【編鐘】
古代中国の打楽器の一。音高の異なるいくつかの銅製につるしたもので、鐘の数は不定。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へんしょう【編鐘 biān zhōng】
青銅の鐘を音高の順に鐘架に並べて吊り下げ,槌で打って奏する中国の古楽器。宮廷雅楽に用いられたほか,孔子廟における堂下楽で編磬(へんけい)()や種々の太鼓,管・打楽器とともに奏された。なお,孔子廟の音楽に用いられた楽器は,現在韓国に一式のみほぼ完全な状態で保存され演奏されている。鐘(しょう)郡司 すみ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

へん‐しょう【編鐘】
〘名〙 中国、古代の楽器の一つ。春秋時代ごろに出現。音高の異なる銅製の大小種々の鐘を組み合わせて枠につるし、音階を構成する。鐘の数は一六鐘、七鐘、一三鐘、三二鐘など一定しない。〔周礼‐春官・磬師〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

編鐘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

編鐘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation