@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

緩衝地帯【かんしょうちたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

緩衝地帯
かんしょうちたい
buffer zone
対立する強国間に位置し,衝突を緩和する小国あるいは中立地域。緩衝国ともいう。強大国相互が直接に国境を接する場合に比べ,その衝突の危険性がかなり緩和される。このような小国は,強大国間の力関係によってその存在が十分に安全とはいえず,強大国と協定を結び,独立の保障を確保する場合がある。その一例が永世中立国であり,スイスが典型である。国際社会の発展に伴い,特に第2次世界大戦以後,冷戦による二大陣営の対立,さらに多極化の世界においては,緩衝国あるいは緩衝地帯の意味も変わってきた。たとえば,非同盟諸国の存在,1950年代にヨーロッパを中心に提唱されたラパツキ案,ゴムウカ案あるいは兵力引き離し論 (→ディスエンゲージメント ) ,また 1967年のラテンアメリカ核兵器禁止条約などは,いずれも広い意味では,複雑な国際社会における緩衝地帯の実現,志向を示すものといえる。東西対立の地理的中間に位置したフィンランド,スウェーデン,オーストリアなどは一種の緩衝国としての役割を果たした。冷戦体制の崩壊後,これらの国の立場にも大きな変化がみられ,むしろユーゴスラビア紛争のように,国際連合の平和維持軍の存在 (→平和維持活動 ) が緩衝地帯の役割を果たすようになっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんしょう‐ちたい〔クワンシヨウ‐〕【緩衝地帯】
利害が対立する国家勢力の衝突を和らげるため、その中間に設けた中立地帯

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんしょう‐ちたい クヮンショウ‥【緩衝地帯】
〘名〙 利害を異にする国と国、力と力の間の衝突を避けるために設けた中立地帯。緩衝地。〔現代新語辞典(1919)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緩衝地帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

緩衝地帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation