@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

縁側【エンガワ】

デジタル大辞泉

えん‐がわ〔‐がは〕【縁側】
縁(えん)6」に同じ。
魚のひれの基部にある骨。担鰭骨(たんきこつ)のこと。また、カレイヒラメ背びれしりびれの付け根にある肉。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

縁側
家の建物(へり)部分に張り出して設けられた板敷き状の通路の事。外部から直接屋内に上がる用途ももつ。室内と屋外とを繋ぐ機能があり、日本建築の持つ、空間を仕切る意識が希薄な独特の曖昧さを作り出す事が出来る。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんがわ【縁側】
和風の住宅で,主室と屋外の間にある板張りまたは畳敷きの副次的な空間のこと。通常は主室との間を明障子(あかりしようじ),外部との間をガラス戸雨戸で仕切り,主室の補助に使うが,連続させて廊下(通路)を兼ねさせることもある。日本の住宅では古墳時代から,主室の前に簀の子(すのこ)の広縁を設けていた。縁側の起源はこの簀子縁に求められる。寝殿造の住宅では,対屋(たいのや)の前などに板張吹放しの広廂(ひろびさし)が取られ,控室や通路として使われていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんがわ【縁側】
家の座敷の外側に設けた、細長い板敷きの部分。えん。
魚のひれの基部にある骨。その付近の肉をもいう。 ひらめの-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

えんがわ【縁側】
和風住宅で、部屋の外周部に設け、廊下や出入り口として用いる細長い板敷き。雨戸やガラス戸と部屋との間に設けるものと、雨戸やガラス戸の外側に、通常庭に向かって設けるものがあり、後者は「濡(ぬ)れ縁」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

縁側
えんがわ
日本住宅の建物周囲に巡らした板敷きの通路部分、あるいは庭からの昇降のための板敷き部分。建物内に設けられたものを入側(いりかわ)あるいは入側縁といい、近年は縁側とよんでいる。そのうちで畳敷きのものを縁座敷とよぶこともある。また、建物外周に設けられたものは縁、濡(ぬ)れ縁といい、通常床(ゆか)が内部より一段下がっているので落ち縁ともいう。これらの分類のほかに板の張り方によって、短辺方向に幅30センチメートルほどの広い板を張った木口(こぐち)縁、長手方向に幅10センチメートルほどの長い板を張った榑縁(くれえん)、板の間を透かせて張り、水はけをよくした簀子(すのこ)縁などの区別がある。
 歴史的にみると、縁は建物の床が板敷きになってから発生した。外周についた縁の例は奈良時代の住宅の遺構である法隆寺東院伝法堂の場合がもっとも早く、伊勢(いせ)神宮本殿や大嘗宮(だいじょうきゅう)正殿にその形式が伝えられている。建物内に設けられるようになるのは中世からである。典型的な例は園城寺(おんじょうじ)勧学院客殿、二条城二の丸御殿遠侍(とおさぶらい)、大広間、黒書院、桂(かつら)離宮の古書院、中書院、新御殿などにみられる。これらのうち勧学院客殿、二条城の諸御殿には外周の縁もつけられている。勧学院客殿と桂離宮古書院では、入側縁の外側は柱が立っているだけで建具はない。二条城の遠侍や大広間の背面では外側の柱間に舞良戸(まいらど)と障子を立て、縁側を建物内部に取り込んでいる。桂離宮の中書院では、初め外側に建具はなかったが、のちに柱間に障子が入れられ、柱の外側に引通しの雨戸がつけられた。二条城の大広間、黒書院の表側は、初め柱の外側に引通しの障子と雨戸が用いられていたが、現在は桂離宮の中書院と同様の形式である。また、これらのうちでもっとも後につくられた桂離宮新御殿では最初から柱間に障子を立て、柱の外側に雨戸を引き通す形式である。以上のように、17世紀前半に吹き放しの入側縁から内部に取り込まれた縁側に変化している。さらに明治期以後に柱間に立てられた障子がガラス障子に変わった。
 明治期以後の縁側は、構造からみると主屋に付加されていて、屋根も一段下げてさしかけ、天井を張らずに屋根裏をみせるのが常である。第二次世界大戦後は住宅の面積に余裕がなく、縁側のない家が多い。[平井 聖]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縁側」の用語解説はコトバンクが提供しています。

縁側の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation