@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

縁切寺【えんきりでら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

縁切寺
えんきりでら
妻のからの離婚申立てが許されなかった封建制下にあって,その救済手段として,妻がここへ駆込めば寺法によって離婚できるように定められた尼寺駆込寺ともいう。江戸時代初期には尼寺であればどこでもよかったが,相模国鎌倉東慶寺および上野国新田郡の満徳寺の2寺が長く残った。縁切寺に駆込んだ女は,寺の役人調べ内済離縁もしくは寺法離縁の手続きをとったが,寺法離縁の場合は,夫の側から離縁状が出されてのち,女が足かけ3年寺で謹慎生活をすることにより離縁が成立した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんきりでら【縁切寺】
江戸時代において妻が駆け込んで一定期間在寺すれば離婚の効果を生じた尼寺で,〈駆込寺〉とも〈駆入寺〉ともいう。当時庶民の間では,離婚は仲人親類・五人組等の介入・調整による内済(示談)離縁が通例であったと思われるが,形式上妻は夫から離縁状を受理することが必要であった。離縁状を交付しない夫に対して,妻(側)からの離婚請求権は法律上きわめて限定されていたが,その一つに縁切寺への駆込みがあった。縁切寺はアジール残存と考えられ,江戸時代初期尼寺には一般に縁切寺的機能があったと思われるが,中期以降になると鎌倉松ヶ岡の東慶寺と上州(群馬県)勢多郡徳川郷の満徳寺の2ヵ寺のみに限られた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

縁切寺
えんきりでら
江戸時代に妻が駆け込んで、一定期間在寺すれば離婚の効果が生じた寺。駆込寺(かけこみでら)ともいう。当時、庶民の間では、離婚は原則として夫が妻に離縁状を渡すことによって行われ、妻から夫を離婚する道は開かれていなかった。この哀れな境遇の妻に与えられた離婚の方法が縁切寺への駆け込みであった。この制度は、戦国時代におけるアジール(犯罪人などが過酷な侵害から逃れるために、逃げ込んで保護を受ける場所)の制の残存と考えられる。おそらく、江戸時代前半期、尼寺(あまでら)には縁切寺としての機能があったものと思われるが、後半期になると、幕府領では縁切寺としては、徳川氏に特別の縁故の深い相模(さがみ)国(神奈川県)鎌倉の東慶寺(とうけいじ)と、上野(こうずけ)国(群馬県)新田郡(にったごおり)の満徳寺(まんとくじ)だけに限られることになった。
 ことに東慶寺は、開山(1285)以来この寺法が勅許されたといわれ、「松ヶ岡御所」と称されて格式高く、豊臣秀頼(とよとみひでより)の息女天秀尼(てんしゅうに)の入寺に際して、徳川家康から改めてこの特権を許された。江戸末期まで多くの不幸な女を救い、川柳(せんりゅう)にも「縁なき衆生(しゅじょう)を済度(さいど)する松ヶ岡」などと歌われたほど有名であった。駆け込んだ女は関東地方の者が大部分であったが、そのなかでも武蔵(むさし)国、ことに江戸の者が多かった。江戸末期の150年間に東慶寺に駆け込んだ女は2000人を超えたであろうといわれる。女が東慶寺に駆け込んだ場合の離縁の形式には、寺法離縁と内済(ないさい)離縁とがあった。寺法離縁は、東慶寺の寺法を表にたてた離縁であり、内済離縁(内済とは和解の意)は、夫が妻の駆け込んだことに驚き、改めて女に普通の離縁状を渡すことによって成立する離縁である。古くは寺法離縁だけであったが、のちに寺の勧奨による内済離縁が現れてその数を増し、幕末には大部分が内済離縁であった。寺法離縁の場合、古くは離縁状は不要であったが、元禄(げんろく)(1688~1704)以後、女は男から寺法離縁状(普通の離縁状と異なる)を得ることが必要となった。東慶寺は、夫に正式の使者を派遣するなどして離縁状を出すように説得し、夫がどうしても出さないときは、東慶寺から寺社奉行(ぶぎょう)に訴え、寺社奉行所では夫を仮牢(かりろう)入りで脅して離縁状を出させた。寺法離縁の場合には、夫が寺法離縁状を出しても、女は足掛け3年(24か月)在寺することを要した。近時、満徳寺に関する研究も漸次現れている。[石井良助]
『石井良助著「江戸の離婚――三行半と縁切寺」(『日本婚姻法史』所収・1977・創文社) ▽井上禅定著『駆込寺東慶寺史』(1980・春秋社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えんきり‐でら【縁切寺】
〘名〙 江戸時代、離婚を希望した人妻が、逃げ込んで足掛け三年在寺すれば、離婚が成立するという特権を持っていた尼寺。神奈川県鎌倉市の東慶寺と群馬県太田市の満徳寺が有名。駆け込み寺。〔旧事諮問録(1891‐92頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

縁切寺
えんきりでら
江戸時代,女性が離婚要求の手段として駆け込みをした場合,離婚を許す特権を持った寺
駆込 (かけこみ) 寺ともいう。鎌倉の東慶寺と上野 (こうずけ) 国(群馬県)世良田の満徳寺が有名。江戸時代,男性は離縁状を与えて一方的に妻を離別できたが,女性は離婚請求を法的に認められていなかったので,これらの寺の存在意義があった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縁切寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

縁切寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation