@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

縁坐【えんざ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

縁坐
えんざ
犯罪任の一端が,犯人と一定の親族関係に立つ第三者にまで拡大される連帯責任制度の一種。日本法におけるこの制度の存在は,早く『魏志倭人伝』にみえているが,それが中国法にならって成文化されたのは大宝,養老の2律である。賊盗律によれば,縁坐は,謀反,大逆,謀叛などの重大犯罪について適用され,その範囲は父子祖孫兄弟であり,母法唐律の範囲よりもはるかに狭く,日本的寛主義の現れと認められている。なお縁坐の刑は,遠流没官などであり,没官には,その身を没して官戸になすものと,財産没収とがあった。縁坐は鎌倉,室町時代の幕府法にいたって,次第に範囲が拡張され,分国法にいたって,最も厳格になり銭貨偽造罪などにまで及んだ。しかし江戸時代に入り,8代将軍徳川吉宗以降は,その弊害が指摘され,逆に縮小の方向に向った。『公事方御定書』によると,縁坐をもたらす犯罪は主殺しなどで,その範囲は庶民については子に限られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんざ【縁坐 yuán zuò】
犯人本人だけでなくその一定範囲の親族を犯罪への関与の有無にかかわらず罪に問うことをいう。官吏が職務上において犯した罪について,上司や同僚が連帯して責を問われることを連坐というのと似て異なる。中国の唐律においては,謀反・大逆について,祖父,父母,妻妾,子および子の妻妾,,兄弟姉妹,伯父叔父,兄弟の子に及ぶ縁坐(死刑,没官,流刑など)が規定されているほか,謀叛,蠱毒(こどく)(魔法的な毒物)の製造所持,戦陣における敵との内通,一家3人以上の殺害および残虐な殺人について,ある程度の縁坐が規定されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

縁坐
えんざ

親族の犯罪につき、関係ないにもかかわらず、刑事責任を負わされること。縁坐の語および制度は、中国で古くからあったが、世人を威嚇して犯罪を予防する目的をもった制度であった。日本の上世の律(大宝(たいほう)律、養老(ようろう)律)の縁坐の制は唐律に倣ったもので、大逆、謀叛(むほん)(のちに私鋳銭(しちゅうせん)〈民間でひそかに鋳造した銭貨〉が加えられた)について、情(じょう)を知らない犯罪人の近親を処罰した。鎌倉幕府法でも、夫が謀叛などの重罪を犯したときは妻も処罰されるというように、縁坐の制があったが、これを制限しようとする傾向が認められる。室町時代、とくにその末期から戦国時代にかけては、縁坐の制は広く行われるようになったが、ことに親の科(とが)を子にかける分国が多かった。江戸時代もその初期には、戦国時代法の影響を受けて、相当広い範囲にわたって縁坐の制を認めた場合がある。たとえば、主(しゅ)殺しのような重罪では、父母兄弟一族までも処罰したことがある。享保(きょうほう)9年(1724)の法令は、縁坐を主殺し、親殺し、および格別重い科の者の子に限っている。公事方御定書(くじかたおさだめがき)は元文(げんぶん)2年(1737)の法令によって、その範囲を主殺しおよび親殺しの罪人の子にとどめた。武士の場合にはこれ以後でも依然広範囲に縁坐制が適用された。松平定信(さだのぶ)(老中在任1787~93)の時代およびその後も武士の縁坐法の改正が幕議に上ったが、決定をみなかった。明治になってからも縁坐の制は存し、それが廃止されたのは明治15年(1882)施行の旧刑法によってである。

[石井良助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

縁坐
えんざ
犯罪人の親族縁者に連帯責任を負わせ罰すること
律令では謀反 (ぼうはん) (天皇国家への危害)の場合,父子は没官,兄弟は遠流。御成敗式目では重罪者の妻の所領は没収など。戦国時代は苛酷だったが,江戸時代には武士と庶民とで区別され,緩和された。近代刑法で全廃

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縁坐」の用語解説はコトバンクが提供しています。

縁坐の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation