@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

縁談【エンダン】

とっさの日本語便利帳

縁談
縁談は、仲人に写真と釣書(つりがき)を渡すことから始まる。釣書には本人の履歴と家族について書くが、男性は収入状態も書いた方がよい。写真は、見合い用のもののほかに、スナップ写真を添えるのが望ましい。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

大辞林 第三版

えんだん【縁談】
結婚や養子縁組などの話。結婚話。 娘の-がもち上がる -がまとまる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

縁談
えんだん
婚姻前の男女の縁組の話。わが国の結婚様式は、もともと一般の人でも貴人の間でも同じく、当人同士の話し合いで決まり、実際の婚姻成立のあとになって初めて親たちや仲間に告げて、承認を得るというのがごく普通の順序であった。したがって、いまの形の縁談はまったく必要のないものであったが、鎌倉時代以降、武士階級のなかの婚姻が当事者よりも家格とか、つり合いを重視するようになった結果、遠隔の地の男女が婚姻するという形となると、どうしても最初に男女の2人の間、あるいは両家の間をとりもつ人間が入用ということになって、これが後世の仲人(なこうど)の発生となった。前述のように武士階級に発生したとしても、一般の村人はまだまだ昔風の婚姻形式を守っていた。この縁談や仲人という考え方が一般人の間に浸透して、婚姻形式が変わったのは、いわば武士階級の模倣と、その生活へのあこがれが源となっている。[丸山久子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えん‐だん【縁談】
〘名〙 縁組の相談。夫婦または婿養子の縁組についての相談。
※雑俳・柳多留‐一四(1779)「ゑんだんがしちむつかしく出来かねる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えん‐だん【縁談】
候補者を挙げてする結婚や婿養子縁組みの話。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縁談」の用語解説はコトバンクが提供しています。

縁談の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation