@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

縄文時代人【じょうもんじだいじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

縄文時代人
じょうもんじだいじん
日本の縄文時代の人々。人類の進化段階では新人に属する。遺跡出土の人骨によれば,身長は 160cm足らずで,頭が大きく,顔は広くて,は広いが鼻筋が通っていたと考えられ,顎骨は強大で歯の噛合せは鉗子状,咬耗は著しく,人為的な抜歯がみられることもある。四肢骨の筋付着部はよく発達し,扁平脛骨柱状大腿骨,巨大腓骨などがみられ,しゃがんだ姿勢をとる場合が多かったらしく足首などに特殊な関節面ができているなどの特徴がある。縄文時代人は採集狩猟生活をし,身体形質も石器時代人的特徴をほとんど変化なく,数千年にわたって保持し続けた。弥生時代に入ると,縄文人の形質は生活の変化や,大陸からの渡来者との混血の影響で大きく変化し,次第に現在の日本人の姿へと移行していったが (→弥生時代人 ) ,北日本の縄文人はそれほど大きな変化をこうむらず,現在のアイヌにその形質を伝えたものと考えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうもんじだいじん【縄文時代人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

縄文時代人
じょうもんじだいじん
縄文時代の人類
身長は現代人よりやや低く,眼窩上の隆起は発達し,鼻根部は幅がせまくつよく陥没し,鼻は高く隆起する。四肢骨は現代人より扁平であった。混血や生活環境の変化に伴って変化し,現在の日本人になった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縄文時代人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

縄文時代人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation