@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

縫切り網【ぬいきりあみ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

縫切り網
ぬいきりあみ
巻網類に属する網漁具の一種。網は箕(み)形の身網部と両袖(そで)の荒手部からなる。このうち、身網部は魚捕部と胴(脇(わき))の2部分からなる。魚捕部は網のもっとも奥に位置し、大部分が綟子(もじ)網でつくられている。日没と同時に漁場へ向かい、魚群探知機で発見した魚群を灯船が集魚する。引き船と灯船はそれぞれ網船を曳航(えいこう)して灯船を中心にして取り巻く。灯船は徐々に櫓漕(ろそう)で魚捕部へ移動し、2艘(そう)の網船が揚網する。投網(とうもう)から漁獲完了まで30分を要する。この網は八手(やつで)網から発達したもので、主としてイワシを対象として操業され、かつては長崎県下だけでも140統余が操業していたが、現在では巾着(きんちゃく)網に転換してほとんど残っていない。[笹川康雄・三浦汀介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縫切り網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

縫切り網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation