@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【シゲ】

デジタル大辞泉

しげ【繁】
茂み。
「夏山の木末(こぬれ)の―にほととぎす鳴きとよむなる声の遥けさ」〈・一四九四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん【繁】[漢字項目]
常用漢字] [音]ハン(漢) [訓]しげる しげし
草木がしげる。物事が盛んになる。たくさん増える。「繁栄繁華繁盛(はんじょう)繁殖繁茂
事が多くて煩わしい。「繁簡繁雑繁多繁文繁忙頻繁農繁期
[名のり]えだ・しげ・とし
[難読]繁縷(はこべ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しげ【繁】
〘名〙
① 草木の枝葉がたくさん生えている所。しげみ。
※万葉(8C後)三・四七八「活道山(いくぢやま) 木立の繁(しげ)に 咲く花も うつろひにけり」
② たびかさなること。しきりであること。
※歌舞伎・傾城筑紫𤩍(1814)四段「篠を突くよふな雨のしげ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しげ・い【繁】
〘形口〙 (文語の形容詞「しげし(繁)」の口語形で、おもに、室町時代から近世にかけて用いられたもの) =しげし(繁)
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)楚元第六「暦算を置く人に日食のしけい事を問へば不知と云わるるぞ」
※歌謡・田植草紙(16C中‐後)朝歌三番「みやつかいは、しげいもの」
※日葡辞書(1603‐04)「ヒト xiguei(シゲイ) トコロ〈訳〉人々がしばしば行く所」
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉渡風流水「心の往き交ひ繁い沈黙」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しじ【繁】
〘副〙 (多く「に」を伴って用いる)
① 草木の生い茂っているさまを表わす語。こんもりと。ぎっしりと。
※催馬楽(7C後‐8C)美濃山「美濃山に 之之(シジ)に生ひたる 玉柏 豊の明(あかり)に 会ふが愉しさや 会ふが愉しさや」
② 数量の多いさまを表わす語。すきまもないくらいたくさん。ぎっしりと。ぎっしりいっぱいに。
※万葉(8C後)九・一七九〇「竹珠(たかたま)を 密(しじに)貫き垂れ 斎戸に 木綿取りしでて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん【繁】
〘名〙 (形動) 多いこと。茂ること。また、そのさま。
※歩兵操典(1928)第一五「教練は順序を逐ひ簡より繁に入り」 〔文章軌範‐一・小序〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

繁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation