@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

繊維芽細胞【せんいがさいぼう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

繊維芽細胞
せんいがさいぼう
動物の繊維性結合組織の主要な細胞で、外形は細長く扁平(へんぺい)なものが多い。繊維芽細胞は、膠原(こうげん)繊維の形成に関与していると考えられていて、その細胞質は特殊な分化を示さない。動物組織を培養すると、この型の細胞が培養条件にもっとも適合するので、他種の細胞をしのいで増殖する場合が多い。このため、20世紀の初めごろから培養細胞の代表的なものとして繊維芽細胞を用い、増殖、細胞運動、細胞間相互作用、細胞老化などの問題が研究されている。しかし、培養中で外見的に繊維芽細胞とよばれるものが、すべて組織中で繊維形成にあずかる細胞とは限らない。[大岡 宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

繊維芽細胞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

繊維芽細胞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation