@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

繋辞伝【ケイジデン】

デジタル大辞泉

けいじでん【繋辞伝】
易経」の一篇。十翼の一。著者・成立年未詳。周易卦(け)の解説書で、孔子えられるが疑わしい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

繋辞伝
易経の「十翼」の一つ。繋辞とは解釈の言葉を書き綴るという意味。この「繋辞伝」は更に上伝と下伝に分かれ、六十四卦三百八十四爻の凡例を通論する。これによって周は自然哲学実践倫理をも説く経典としての意味付けがされた。煬帝焚書にあった「河図洛書」を参考にする場合に取り上げられることがある。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けいじでん【繋辞伝】
中国の易書。易経十翼の一つ。上下二編。撰者未詳。文王の易の言葉をつなぎあわせて詳しく解説したというもの。孔子の作と伝えるが、宋の欧陽脩により否定されている。繋辞。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

繋辞伝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

繋辞伝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation