@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

織田信孝【おだのぶたか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

織田信孝
おだのぶたか
[生]永禄1(1558).尾張清洲
[没]天正11(1583).5.2. 尾張,内海
安土桃山時代の武将。信長の3男。通称は三七または三七郎。伊勢神戸氏の養子となり,神戸信孝ともいう。天正5 (1577) 年雑賀の一向一揆を討ち,同 10年四国を征伐してこれに封じられた。本能寺の変後,岐阜城主となったが,のち相続問題で豊臣秀吉や兄信雄 (→織田信雄 ) と争い,味方とした柴田勝家死するとともにくだり,追われて自刃

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おだ‐のぶたか【織田信孝】
[1558~1583]安土桃山時代武将信長三男本能寺の変後、豊臣秀吉とともに明智光秀を破った。のち、柴田勝家とともに秀吉対立。兄信雄に攻められて降伏し、自殺

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

織田信孝 おだ-のぶたか
1558-1583 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)元年生まれ。織田信長の3男。信長の命で伊勢(いせ)(三重県)の神戸具盛(かんべ-とももり)の養子となる。天正(てんしょう)10年本能寺の変の際は四国攻めの総大将であったが,羽柴(豊臣)秀吉と合流,明智(あけち)光秀を討つ。清洲(きよす)会議後,美濃(みの)岐阜城主。のち秀吉と対立,柴田勝家とくんで挙兵するが賤ケ岳(しずがたけ)の戦いで勝家が敗れたため岐阜を開城,天正11年5月2日自害。26歳。
【格言など】むかしより主をうつみのうらなればむくいをまてや羽柴筑前(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おだのぶたか【織田信孝】
1558‐83(永禄1‐天正11)
安土桃山時代の武将。信長の三男。幼名は三七(郎)。信長が北伊勢を征し神戸(かんべ)具盛と和したとき,その養子とされる。各地の一向一揆平定などで戦功をあげる。1582年(天正10)6月,四国攻めのため摂津住吉浦に滞陣中,本能寺の変に遭い,軍を返して羽柴(豊臣)秀吉とともに明智光秀を破る。その後兄信雄(のぶかつ)と織田家の継嗣をめぐって争うが果たせず,柴田勝家が秀吉と争うに至ると勝家にくみした。同年12月いったん秀吉に和を請うが,翌年賤ヶ岳の戦で再挙兵,信雄に攻められ降伏。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おだのぶたか【織田信孝】
1558~1583 安土桃山時代の武将。信長の三男。本能寺の変後、豊臣秀吉とともに明智光秀を討つ。のち柴田勝家と結んで、秀吉および異母兄信雄と対立して敗れ自刃。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

織田信孝
おだのぶたか
(1558―1583)
安土(あづち)桃山時代の武将。通称三七郎(さんしちろう)。信長の三男、信雄(のぶかつ)の異母弟。1571年(元亀2)北伊勢(いせ)の神戸具盛(かんべとももり)を織田氏が征服したのち養子として入り、神戸信孝ともいう。伊勢長島、越前(えちぜん)の一向一揆(いっこういっき)との戦闘、雑賀(さいか)攻め、荒木村重の有岡城攻略などに従軍、82年(天正10)四国攻めの総大将として摂津にあるとき本能寺の変となる。山崎合戦では羽柴(はしば)(豊臣(とよとみ))秀吉と連合して明智光秀(あけちみつひで)を討つ。清洲(きよす)会議では継嗣(けいし)を望んで次兄信雄と争ったが、秀吉に退けられ、長兄信忠(のぶただ)の遺領美濃(みの)(岐阜県)を得て岐阜城主となる。柴田勝家(しばたかついえ)と連合して秀吉に対抗、岐阜城を囲まれ降伏、83年再挙、柴田滅亡により城を出て、尾張(おわり)知多郡内海(愛知県南知多町)に移り、野間(美浜(みはま)町)大御堂寺(おおみどうじ)(現、安養院)で自尽する。5月2日、4月29日など異説がある。法名昭雲院殿高厳徳公。[脇田 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おだ‐のぶたか【織田信孝】
安土桃山時代の武将。信長の三男。伊勢神戸氏の養子となる。本能寺の変後、豊臣秀吉と結び美濃岐阜城主。のち柴田勝家らと結んで兄信雄、秀吉を倒そうとしたが敗れて自刃。永祿元~天正一一年(一五五八‐八三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

織田信孝
おだのぶたか
1558〜83
安土桃山時代の武将
信長の3男。本能寺の変(1582)後,豊臣秀吉とともに明智光秀を攻撃。清洲会議で兄信雄と争って秀吉に阻止され,柴田勝家と結び秀吉を除こうとした。'83年勝家と呼応し岐阜で兵をあげたが,信雄に敗れ逃走の途中自殺した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

織田信孝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

織田信孝の関連情報

関連キーワード

メアリーナルバメアリ永禄エリザベス(1世)エリザベス朝演劇尼子晴久イエナ埋忠明寿永禄

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation